#2 隈取りお面はとても希少性の高い着色方法で作られている。

このお面も、とても思い出深いお面です。

お面の生産方法には大きく分けて「成形後塗装」か「印刷後成形」か、とお話をしてきました。が、今回ご覧頂くお面はこの両方をハイブリッドした方法を取っています。「塗装後成形」という方法です。恐らくこの方法で作られたお面は、世の中でこの1種だけではないかと想っています。

ある時、自社で作ったお面を世の中に販売したい気持ちが強くなりました。反応を感じたくなったのです。自分たちで考え作ったお面がどのくらい売れるものなのか(反応があるのか)。ただ予算は微々たるもので、費用をかけずに製作することが第一前提となりました。

成形型用の3Dデーターは作ることが出来る。それを削る切削機もある。問題は着色方法でした。「成形後塗装」の場合、塗装用のカバーが必要になります。通常は銅めっきの金属カバーを使います。当然そのような費用はありません。成形品を切ってカバーの代用にあてることは出来るのですが、曲面をきれいにカットしていくことが困難でした。

と言いますのも、まず作ってみたかったのが隈取のお面だったからです。隈取はきれいな曲線にて構成されています。この曲線に沿って成形品をうまくカットできそうにありませんでした。

「印刷後成形」の場合、シルク版代が色数分かかってしまいます。インクジェットで出力した後成形という方法もありましたが、インクジェット自体も高価なものでした。被った人の顔に隈取が乗るように見せたかったため、どうしても透明材を使おうと考えていました。透明材を使うと最後に白打ちが必要になります。そこを省くと色が浅くなってしまいます。

白のインクジェット出力代は2C計算。インクジェット出力代だけでも1ケにつき500円以上かかってしまう。元々一回の生産で10~20枚しか生産しないことにしていましたので、利益など出るわけがありません。とは言え、大きなマイナスは避けなければばりませんでした。

そこで思いついたのが「塗装後成形」という方法でした。成形の収縮の合わせて印刷のデーターは作ることが出来る。ならばそのデーターに合わせて色を着ける方法を考えればよい。切削機もある。そこで成形用印刷データーに基づいて木の板を切削して行ったのです。

私たちはこの木の板で出来た版を木版と呼びました。治具を作りプラスチック材が動かないようにし、その上から木版を当てて塗装をしました。塗装は盛れますので白打ちをしなくとも、かなりパンチがある仕上がりになりました。

現在(2018.5)もヤフーショップで販売はしていますが、今後増産をするかは分かりません。この希少な方法で作られたお面をお手元に置かれるならば今だと想います。(笑)

仕様。
材質は塩ビ0.5ミリ厚透明材。加工工程は塗装→成形→外周ハンドカット→両耳穴(2工程)→ゴム紐付け→注意シール貼り→袋入れ→梱包・発送。

塗装。
黒(髪・眉毛・目の中ベタ)2工程に分けて→白(髪・口内ベタ)→薄赤(隈取りの外周)→赤(隈取り・口)の5工程。隈取の外周に分からない程度の薄い赤を入れましたが、ボケも手伝って雰囲気のあるものに仕上がりました。

 

 

男前豆腐店様「ケンちゃん」お面1#1 ケンちゃんはお面になるために生まれてきたんだ。

人の顔のお面「実写面」です#3 顔を3Dスキャンして作るリアルなお面、名付けて実写面です。

関連記事

  1. 「まるほふびより」モップ君お面

    #8 モップでおそうじしてるみたいだから、「まるもふびより」モッ…

    「まるもふびより」のモップは、いつもお気に入りのブランケットにくるまっている、しろいこぐまのおとこの…

  2. 男前豆腐店様「ケンちゃん」お面1

    #1 ケンちゃんはお面になるために生まれてきたんだ。

    記念すべき最初の1枚は、「ケンちゃん」のお面です。「ケンちゃん」と言えば、言わずと知れた京都・男前豆…

  3. サングラスキティお面レトロ

    #5 サングラスキティはグラス部分がピンクの色透明の新バージョン…

    このサングラスキティのお面は、(株)イトオー様よりご依頼を頂いて製作したものです。従来の塗装の着色方…

  4. tofuboyrecords様豆腐小僧お面

    #11 この素晴らしい仕上がり ‘tofuboy’お面。・・・正…

    年に数件、個人またはグループの方からのお面製作のお話を頂きます。しかし残念ながらお話だけで終わってし…

  5. 初めての女性「実写面」1

    #9 初めて云と言ってくれた、記念すべき女性のリアルなお面「実写…

    人の顔のリアルなお面「実写面」を作り始めた頃、願ってもかなわないことがありました。それは女性の実写面…

  6. こち亀両さんお面色違い

    #7 印刷合わせだからこそきれいに出ている豆絞りの絵柄。こち亀両…

    このこち亀両さんのお面は、(株)イトオー様よりご依頼を頂いて製作したものです。通常のお面は、…

  7. #12 「女性面」。化粧をするかのようにお面にもメイクをさせてみ…

    今回ご紹介する製品は「女性面」です。このお面は「男性面」もあります。今では雑貨ショップでパー…

  8. 葛飾区亀有お祭り

    #18亀有香取神社例大祭。両さんお面大活躍。

    @yokomen2さんインスタグラムからの拝借画像です。またもやご許可を得て、画像を掲載させて頂…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

粋にお面を活用し、SNSに投稿しよう

初めてのお面作り

私とお話しませんか。旅の恥は書き捨てと言います。表現が適当かは分かりませんが、私自身初めての現場に連絡を取るときはこんな気持ちです。私の経験上、必ずしも希望の情報が得られた時ばかりではありませんが、しない方がよかったと思ったことは一度もありません。少なくともそんな時にでも‘そこではうまくなかった’ということは分かるのですから。担当:鹿毛(かげ)

 

TEL: 048-997-2295
Mail: info@isseigi.co.jp

おめんを使って作る3Dポスター(ハロウィン編)

お面を使ったよ。

田村淳著「日本人失格」販売記念イベント
おとななトリオUSツアー2016
気持ち悪いとまで言われるリアル感。一誠技工舎「実写面」

 

  • 155665count:
PAGE TOP