#25 番外編 赤ん坊ディスプレイ。

今回はお面ではなくディスプレイ。
番外編です。

仕事の依頼を頂いたのは、株式会社リンクファクトリ様。
そう、弊社がお面の粘土原型をお願いしている特殊造形の会社様です。
お願いし、頂きの良い関係を続けさせて頂いています。

原型が送られてきて、ギョッ。
赤ん坊の成形品を作りたいとは伺ってはいましたが、出来の良さにギョッでした。

原型時には大丈夫かなと思ったのですが、鋳型にひっくり返してテスト成形をしてみると。
向かって右手首と膝との間が間口が狭いわりに深く落とし込まれていて、ブリッジ(しわ)が出てしまいました。
多少、成形が曖昧になることをご了承頂いた上で、プラグで押してしわを取り除きました。

このディスプレイを500枚作りましたが、何に使うのかを伺ってみると、

リンクファクトリー展
9月13日(金)~
銀座・ヴァニラ画廊にて

だそうです。
ヴァニラ画廊と言えば、耽美幻想・奇々怪々系の展示も多い画廊です。
このディスプレイは、赤ちゃんというより赤ん坊と呼んだ方がよさげな仕上がりになって行くのでしょうね。

完成品が出来た暁には追加で画像を掲載したいと考えています。
本日は番外編でした。

浅草寺門前にて。ダボシャツの腰にお面。#24 お面は腰に。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

粋にお面を活用し、SNSに投稿しよう

初めてのお面作り

私とお話しませんか。旅の恥は書き捨てと言います。表現が適当かは分かりませんが、私自身初めての現場に連絡を取るときはこんな気持ちです。私の経験上、必ずしも希望の情報が得られた時ばかりではありませんが、しない方がよかったと思ったことは一度もありません。少なくともそんな時にでも‘そこではうまくなかった’ということは分かるのですから。担当:鹿毛(かげ)

 

TEL: 048-997-2295
Mail: info@isseigi.co.jp

おめんを使って作る3Dポスター(ハロウィン編)

お面を使ったよ。

田村淳著「日本人失格」販売記念イベント
おとななトリオUSツアー2016
気持ち悪いとまで言われるリアル感。一誠技工舎「実写面」

 

  • 178156count:
PAGE TOP