月別アーカイブ: 2015年9月

大きな型。

おおよそ550角の鋳物型の仕上げにかかっている。

単体としてこのサイズは、うちでは大きい。
通常使用している機器に入らないため、ほとんどの仕上げ工程が手作業になっている。

加えて重い。
ずらすだけでも声が出る。
‘ よっこらしょっと。’

運動不足・メタボの愚痴である。
大きな型よ、ありがとう。
仕事はいつでもありがたいものである。

明日から新型。

明日、打ち合わせに行く。
ハロウィン用に小ロットのお面を作ることになったのだ。

短納期。
数が少ないことが幸いしている。

仮装に使用するため、目立つようにとサイズが大きい。
うちの塗装ブースには入りそうもない。
なので、とりあえず現時点では印刷合わせで行うつもり。

塗装とは見栄えが違う。
そのあたりもしっかり説明してこよう。

ベストを尽くす。

ハイボール。

ウィスキーは長いこと飲まなかった。
嫌いであったと言っても良い。

貧乏学生の頃。
あの頃は、‘飲め、飲め’の慣習があり、まだ慣れぬ酒をいやいや飲んでいた。

ビールは苦いから嫌。
安いウィスキーをなるべく薄く割り、ごまかし飲んでいた。

そのトラウマか、ウィスキーはもう良かったのだ。
ビールは大好きになったが。

最近、嫁さんがハイボールを飲み出した。
焼酎と共に糖分が含まれておらず、身体によいと言う。
CMの影響もあるのだろう。

家でもハイボール。
外でもハイボール。
それもうまそうに飲む。

で、‘ハイボール一つ’と言ってみた。
レモンに炭酸。
?、美味いじゃないか。

毎日飲んでいる。
身体に良いのだろうか?

缶入りパン。

9月1日の防災の日を前に、自宅備蓄品の整理を行った。

電池を初めとする器具。
缶詰めを初めとする食物・飲料物。
期限の切れたものは廃棄し、入れ替える。

嫁さんと二人で行ったのだが、整理の途中でふと疑問が生じた。
‘ 期限切れは本当にダメなのか?’

水は他の使い方に流用できる。
じゃ、缶詰は?

嫁さんと協議の結果、まず試してみようということになった。
古いものから食べて、おかしいとおもった時点でそれを当家の‘使用’期限とする。

3年前に賞味期限が切れている缶詰。
パインとみかんの缶詰だ。
食べた。
普通に食べれた。

同じく3年前に期限の切れた‘パン’の缶詰。
パンの缶詰?
この存在自体知らなかった。
期限の問題より‘缶詰めのパンなんか、美味しいの?’という気持ちの方が先立った。

開けた。
食べた。
美味しい。
とても美味しい。

古くなったものから食べ、新しいものに取り換えていく。
これが基本。
しかし当家では、取り換え忘れた缶詰も少々古いものならば捨てずに食べることになろう。

ちなみにここ三日、自分の朝食は三年前に期限の切れたパンとなっている。
進んで食べている。
美味しいから。
そして、腹下しも今のところない。

この話は当家のこと。
試すのは自由だが、責任は持てない。

追記.
缶詰めと缶入りは違うらしい。
加熱殺菌したものが缶詰め。
していないものが缶入り。
パンはてっきり缶入りかと思ったが、メーカーのHPで調べたら‘缶詰’となっていた。