月別アーカイブ: 2015年3月

さくら道。

今朝の更新の後、八潮市垳から足立区大谷田陸橋に通じる道を通った。
ここが私の言う‘ 桜の名所 ’。

DSC_0048

信号待ちの時に、パシャっと撮った。
これって、違反?

追記
いまだシステムを理解しておらず、画像を消去してしまったようだ。
誠に申し訳ございません。

葉桜。

会社近くの散歩道に、少し早く咲く桜があると書いた。
そしてその先には、桜の名所があるとも書いた。

この桜の名所。
私の仕事道でもある。
毎日のようにこの道を通るのだが、桜が開花してから何故か通っていない。
それ故、私の中の桜は少し早く咲くあの桜である。

早く咲けば、早く散る。
週明け昨日歩いたところ、葉桜となっていた。

私は、桜の咲く時期の日本がとても好きである。
開花と共に、見るものが明るくなっていく。

多少寒さは残るが、震えるほどではない。
暑がりの私には過ぎしやすい時期でもあるのだ。

もう葉桜か。
緑の季節を迎える、少し寂しくもある時期である。

ネコリパブリック東京。

年初から二か月お借りしていた湯島のひとフロアー。
お礼を込めて宣伝を。

このフロアーが全く違ったモノに変わります。
ネコリパブリック東京店。
https://www.facebook.com/necorepublicTOKYO
http://www.neco-republic.jp/

元は岐阜発祥の施設らしい。
こんな風に説明されていた。

猫の里親探しをしながら、猫とのおしゃれで素敵なライフスタイルを提案し、
ビジネスとしても「自走」できることを目指す新しいスタイルの「自走型保護猫カフェ」です。

その東京店があのフロアーにやってくる。
設備の問題でカフェにはならないようだが、ねこ好きにたまらない場所になるのだろう。
懇意にして頂いる大家さんも、大の猫好き。
貸す借りる側で、相思相愛だったようだ。

私も繁盛を願っている。
開店は、5月以降と聞いている。
ねこ好きの方、お茶の水・湯島・末広町にお越しの際にはどうぞお立ち寄りください。

大家さん、二か月の間ありがとうございました。
良い経験ができました。

.com登場。

今回サーバーを変更にするにあたって、移管先よりドメインを一つプレゼントして頂いた。

今回の移管での誤算。
デフォルトインデックスの変更。
今までは「index」ではなく「enntrance」ページをトップに表示させていた。
これが出来ないらしい。

そこで思案の結果、二つに分けることにした。
従来のサイトは「isseigi.co.jp」、年初めに作ったページはまとめて「isseigi.com」とした。

無難なco.jp、尖ったcomと私の中では路線を決めている。
これからの一誠技工舎は、comに書き込んでいこうかと考えている。

co.jp、com、二つの一誠技工舎をよろしく。

再開。

年明け早々、HPを改良した。
が、結果として改悪になった。

多くの大きな画像、そしてJavaScriptを使った結果、表示が我慢できないくらい遅くなったのだ。
そこで、思い切ってサーバーを変えた。

引っ越しにかかる時間、二日。
この間、不具合の連発でこの対処につきっきりとなってしまった。

そしてようやくこのブログも再開。
この再開のために、犠牲になったものもある。

あそこでうまくやれたから、こちらでうまくやれるとは限らないのだな。
ああ、疲れた。

デフォルトインデックスの起動は本当に速くなっただろうか。
感想を聞いてみたいものだ。

アルミ切削。

普段はあまりしないアルミの切削。
当社の切削機は、非力で時間がかかり過ぎるからである。

あるお客様からの仕事。
年に一型ベースの仕事。

この仕事は、ほぼ私のルーティンワークとなっている。
試作・原型・金型と一貫して私が作っている。
そういう仕事は他にもあるが、この仕事が違うのは金型の切削が入ることである。

アルミの無垢材を削るのではなく、鋳型を削る。
上った鋳型の調整を行うのだ。

ケミカルウッドなどには使わないが、この仕事ばかりは油を使って切削せざるを得ない。
手間も汚れもするが、久しぶりで逆にワクワクする。

お客様に感謝。

革ジャン、いいじゃん。

先日の「やり直し」の頁に書いた‘ 革ジャン ’。
やっと完成した。

今回のテーマは「衣服のような柔らかいものでもスキャンデーターがきれいに取れるか?」だった。

結果として‘ 柔らかく・細かく・複雑 ’なものは難しく、試に取った武骨な革ジャンがきれいに取れてしまった。
そこから「3D革ジャンポスター」の製作が始まったのである。

と言って、データーがそのまますんなり使えるという程、甘くはない。
分かっていたことだが。
(傾斜が入り込んでいるところ)(間口が狭く深いところ)を中心に修正をかける。

一方、データーの修正も重ねた。
型にひっぱられるところを直さなくてはいけないからだ。

私がテストに使っている材料と出力機では、色の濃淡が出づらい。
カラーよりモノクロの方が、きれいに目に映る。
なのでビンテージ風と銘打ってモノクロで出力してみた。

さぁ、最終テスト。
‘ あれ、いいじゃん。’
調子に乗ってHPに掲載し、尚且つ画像を拡大・合成し自分に着せてみた。

そんなことで、間抜けな写真が現在載っている。
http://www.isseigi.com

‘革ジャン、いいじゃん。’
ああ、おやじ。

生産者。

スーパーの野菜売り場でよく見かける「生産農家」の方々の写真。
とうとううちのHP(http://www.isseigi.com/)にも載せてしまった。

「生産型屋」と言えば良いのだろうか。
私も型は作る。
正直、手におえない型も多い。
それは技術的にも時間的にも。
だから、同志にお願いする。

型屋と成形屋は仲間である。
モノづくりに関して同じベクトルを向いている仲間を同志と呼んでいる。

そんな同志に助けてもらいながら仕事をしていることをHPに掲載した。
顔が見える安心感。
「生産型屋」と呼ぶのにふさわしい思う。

型に限らず、同志を増やしていく。

桜がきれい。

首都圏の桜の開花予想は、25日~26日あたりのようだ。

どんなものにも、はねっかえりはいる。
ここ八潮の垳川沿いに、すでに満開に近い桜の木が数本ある。
昼に散歩に出る時に賞でている。
川がもう少しきれいならばと残念にも思う。

垳川を中川の方に歩いていくと葛西用水路と交わる。
ここから環七大谷田陸橋までの道が、この付近では桜の名所。
数キロにわたって満開になる桜は、本当に見事である。

はねっかえりを賞でながら、今年の桜を想う。

やり直し。

HPに掲載したままの革ジャンの木型。
パテを盛ったままの画像。
最終的には、インクジェット出力による3D印刷成形品の見本を作ろうとしている。

サイト作成のルールとしてはNGなのかもしれない。
何せ、出来ていないモノ・完成の目途が立っていないモノを掲載しているわけだから。

ある意味、こういう部分は皆様のためと言うより自分のためにあるのかもしれない。
このいい加減な性格、放っておくと本当に放ってしまう。
未完の画像を見るたびに、やらなきゃと思うのである。

パテ盛による修正をやめた。
データーを修正して、一から削り直すことにした。
そして、今朝から削る始めている。

私への戒めが皆様の得となるよう、今日も励もう。
一日も早く、画像を入れ替えるのだ。