よもやま話」カテゴリーアーカイブ

電子化。

今朝ある番組でエストニアの国を挙げての電子化の話を聞いた。
ほとんどの行政サービスが電子化され、国民もその手続きに多くの時間を取られることはないと言う。
徹底したペーパーレス化、ネット環境さえ整えれば自宅で手続きを済ますことが出来るという。

年明け、私も行政サービスの申請を行った。
まずは戸籍のある区役所で証明書申請。
そしてその証明書を持って、都の窓口へ。
年明けという事もあり、両事務所には長蛇の列。

この日は平日。
たまたま正月休みが役所始めに重なったおかげで、手続きに行くことが出来たのだ。
この日を逃せば、仕事を一日休まなければならなかった。

日本では住民が行政サービスを受けるために、自らの仕事を休まなければならないことが多々ある。
納税者が仕事を休まなければならないのである。

いつか我が国も、住民の手を煩わすことなく行政サービスを受けられる日が訪れるのだろうか。
そういう税金の使い方ならば、こちらもありがたいのだが。

年末の挨拶から。

先々週から少しずつ始めて、今日で終了する予定。

この時期毎年、カレンダを持って年末の挨拶に伺う。
例年、持参するのは総数の三分の二ほどの数量。
三分の一は送付していた。

今年は送付する数量を極力減らして、持参することにした。
結果として、二週間以上をかけて終了することになる。

時間はかかったが、得るものは大きかった。
予定していた担当者の方と共に別の方にお会いできたりと。

年末の挨拶から。
楽すれば楽しただけのことが、労力をかければかけただけのことが得られるのだと改めて感じた。

今年の営業も残り四日。
年々、時が過ぎるのを早く感じる。

Starting a little bit from the week before last, and today I plan to finish it.

At this time of the year, I have a calendar and go for the year end greetings. I bring the quantity of about two-thirds of the total number of calendars every year. That is, until now I had sent a third of the calendar.

I decided to bring them as much as possible to reduce the quantity to be sent this year. As a result, I had to take more than two weeks to finish the greeting.

It took me a while, but what I got was great. With the person in charge whom I made an appointment, I could meet another person.

From the year end greeting,, I again realized I must not go to any expense.

I have only four working days left this year. Year by year, I feel the time passes quickly.

→Isseigikousha’s homepage
→Isseigikousha’s Instagram

ほろデニ。

息子のサッカー観戦を始めた頃からか、昼間から呑む機会が格段と増えた。
他の保護者の方々と観戦の余韻を楽しみつつ、交流を深めて行くには良い手段であった。
その回数は減ったが、息子が現役を引退した今でも続いている。

さて、昨日の日曜日、息子の後輩にあたる部員たちの公式戦が行われた。
久しぶりに、試合会場を訪れた。

試合は第一試合、11時前には終了をした。
少し風邪気味であったこともあり、‘今日は呑まない’と決め、旧知の保護者の方々と近くに昼食を取りに向かった。
たまたまデニーズの看板が目に入り、そのまま入店。

そしてたまたま、あるメニューが目に入る。
ほろデニセット

アルコール1杯におつまみがついて500円(税抜)。
これはお得である。

‘今日は呑まない’と決めた以上、他のページのメニューに移る。
そして、戻す。

私が呑まないと言っていたため同行の知人たちもそうするつもりであったようだが、同じ行動を示している。
次のページを開いては戻している。
‘500円だけ呑みましょうか’と私が言うと、あっさり皆 ‘そうしましょう’。

一杯では終わらないことを分かりながらも、そのセットに手を出してしまった。
このセットは悪魔のようなセットである。
一人初回1セットではなく、何度でも重ねて頼めてしまうのだ。

結局、一人3セット(アルコール3杯におつまみ3品)を重ねてしまった。
ほろデニ。
本当にほろ苦いセットであった。

When I started watching my son’s soccer, I had a lot of opportunities to drink from the daytime. (Drinking from the daytime is called `hirunomi’ in Japan.) It was a good way to deepen the engagement while basking in the afterglow of watching the game with other spectators.

The number of times has decreased after my son retires, but I still keep watching the game and continue hirunomi.

Well, last Sunday, my son’s `kouhai’(= they joined the soccer club later than he did) had the official game. I went to the match venue after a long time.

The match was done as a 1st and was finished before 11am. I had a little bit cold, so I decided not to drink today, and went to lunch with old friends. We happened to see the Denny’s sign and entered the restaurant.

And, we happened to see a menu. It was written `Horo-Deni-set’.

Using the menu, we could drink a cup of liquor with a plate of nibble at 500 yen without tax. This was a great deal.

I decided not to drink today, and I opened the menu on the other page. And back the page. It seems that my friends would do it because they heard that I would not drink. But they did like me. They also turned over the next page, and also return the page. ‘Shall we drink only 500 yen?’ I said. They all replied easily, ‘ Let’s do it. ‘

Though we recognized that it did not end in one cup, we dabbled in the set. This set was a set like Satan. It was not a set per person, and we cloud order it again and again.

After all, we ended up having three sets (three cups of liquor and three plates of nibble) per person. `Horo-deni’, it was a really bittersweet set.

Add.
Horo of Horo-deni is an omission of Horo-yoi, which means tipsy. Bittersweet means `Horo-nigai’ in Japanese.

角打ち。

たまたまテレビで‘角打ち’を行っている酒屋の特集を目にした。
そして、昨日の日曜日に嫁さんと二人で行ってみた。

その番組で取り上げていた店がたまたま恵比寿にあったことから、私たちも恵比寿に行ってみることにした。
結婚して25年以上が経つが夫婦で恵比寿に行ったことがなく、それも一つの理由となった。

調べてみると、角打ちを行っている店にはタイプが二つあることが分かった。
一つは、酒屋の中に立ち飲みスペースが併設されているタイプ。
いわゆるイートインタイプとなる。
もう一つは、立ち呑み形式を意識した居酒屋タイプ。

彼女からの要望は、ワインが飲める・駅から遠くないお店。
‘まさに角打ち’は彼女にとっては敷居が高かったのだろう。
加えて昨日は寒風吹く都内。
寒がりの彼女にとって、その寒空を長い時間移動することは耐えられなかったのに違いない。

そして入ったお店。
「恵比寿 君嶋屋」

駅に隣接するアトレ内にお店があるため、まさに駅近。
日本酒に加え、ワインも飲むことが出来る。
到着したのは丁度昼過ぎだっただろうか。
日曜でもあり、昼間でもあり、会社勤めの方々の姿もなく、お客さんは私達以外に一人だけであった。

これはありがたかった。
何も知識なく訪れていたため、店の中も観察したいし、店員さんに色々と聞きたい。
混雑している店内ではそうもいかないだろう。

二人でワインを一杯ずつ、つまみを一皿ずつ。
値段やメニューを見て、そのあたりが適当だと感じた。
一杯をゆっくり飲み、一皿をじっくり食べ、ゆったり過ごし、それでよかったのだと思う。

初めての角打ち。
次はもう少しヘビーに挑戦してみるか。

I happened to see a special feature of `kakuuchi’ (the liquor store where the customer paid money and drank) on TV. And I went there with my wife yesterday on Sunday.

We also decided to go to Ebisu because the shop which had been featured in the program was by chance there. More than 25 years have passed since we got married, and we have never been to Ebisu, and that was one reason.

Checking `kakuuchi’ ,I found that there were two types in the shop which did it. One was the type of standing space in the liquor store. It was originally. Standing drink called ‘kakuuchi’ is to drink standing in a liquor store selling liquor from the first. The other is the type of a Japanese bar which was conscious of the standing drinking form.

The request from my wife was a shop not far from the station to drink wine. I thought that she felt hesitant to enter a liquor shop just like `kakuuchi’. In addition, yesterday was blowing cold wind in Tokyo. I thought that it was not possible to endure to walk for a long time in the cold for her who got cold very easily.

And it was the shop where we entered. 「Ebisu Kimitsuya

Because the shop was in a shopping center called `atre’ adjacent to the station. The location was very good. We could drink wine besides sake. Was it just in the afternoon that we arrived? It was Sunday, it was daytime, and Nobody working for the company was in it, so the guest was only one except us.

The situation was good for us. Because we had visited without knowledge, we wanted to observe in the shop, and wanted to talk to a store clerk. We would not get away with that in a crowded store.

We had a glass of wine and a plate of nibbles for each. We looked at the price and the menu, and we felt that was suitable. We enjoyed every bite and relaxed. I thought it was right.

The first `kakuuchi’.
I’ll try to be a bit more heavy next time.

→Isseigikousha’s homepage
→Isseigikousha’s Instagram

大統領訪日の東京にて。

昨日、トランプ大領領来日の影響が色濃く出ていた日比谷、銀座を夫婦で散策してきた。

そろそろ銀杏の葉の彩りがきれいだろうと、まず日比谷公園に出かけた。
数寄屋橋でサンドウィッチと飲み物を買い、正午過ぎに到着。

秋晴れに加えて、色付く木々の中、気持ちが良い。
丁度園内で行われていた「パープルストライド2017」の催し物に足を止める。

私は初めて知ったのだが、この運動は今年で七回目を迎える膵癌撲滅啓発活動の一環として始まったものなのだそうだ。
乳がんピンクリボン運動に対して、すい臓がんの紫という事なのだろう。

チラ見をして通り過ぎるつもりが、阿波踊りゴスペルコンサートに魅了されてしまった。
その後ベンチに腰を下ろし紅葉を愛でながら、持参したサンドウィッチを食べ公園を後にした。

街の角々に警官の立つ銀座を縦断し、中央通り沿いのアパレルショップに。
嫁さんの買い物に付き合う。

都内に十数店舗を展開する海外資本のZARAという店なのだが、手頃な価格帯の品物が多く彼女はこのお店をよく使うという。
試着が混み、一時間以上の滞在。

そして、日が陰る夕方。
‘一杯だけ’と決めて、隣接するライオンでビールを飲む。
今日一日の出来事を振り返りながら、夫婦で一杯ずつのビールにサーモン一皿を食し、店を出る。

大統領来日の物々しい雰囲気の中、私達夫婦の日曜日は何一つ変わらずこうして過ぎた。

Yesterday, I walked with my wife around Hibiya and Ginza, which was strictly guarded because of visiting Japan of The President of the United States.

Because we thought that the color of the ginkgo leaf might be beautiful soon, we went to Hibiya Park first. We bought sandwiches and drinks at the Sukiyabasi and arrived there at around noon. In addition to fine autumn weather, we felt good in the colored trees.

We stood still for the “purple stride 2017” event which was done just in the garden.

I know for the first time that this event started as part of the activity of pancreatic cancer eradication was 7th this year. For the pink color of breast cancer, it might be the purple color of pancreatic cancer.

We were supposed to give them a once-over ,but we were attracted to Awa dances and gospel concerts. After that, we sat down on the bench and ate the sandwiches which we bought admiring the autumn color ,and left the Hibiya Park

We went to the apparel shop along the central street in Ginza where the policemen were standing in the corner of the city. I went out with my wife’s shopping. That shop’s name was ZARA. It was overseas capital to expand a dozen stores in Tokyo. She was said to use often this shop in a lot of goods of a reasonable price range. We stayed at this store for over an hour, crowded to try on.

Early in the evening.
Deciding ‘ only one glass ‘, we drank beer in the neighboring beer hall called `Ginza Lion’. As we looked back on today’s events, we drank a glass of beer with a dish of salmon and left the hall.

Ours Sundays were all the same in the state of being pompous.

→Isseigikousha’s homepage
→Isseigikousha’s Instagram

靴の代わりに濡れてくれる靴。

前回、長靴のことを書いた。
そのことで思い出したことがある。
亡くなった義父の形見分けで頂いたレインシューズのことである。

長靴ではなく、ビジネス用のレインシューズである。
時代物で今では見かけない形、今では使用しない生地で作られている。
何故この雨靴を頂いたのか、自分にも理由が見つからない。
あまりに時代遅れだったことに逆に魅かれたのかもしれない。

昨日も激しい雨模様。
何故この時期にこう続けて台風が来るのだろう?
そんな日は一日家にこもっていたかったのだが、そうもいかなかった。

夕方、嫁さんと近くのスーパーに出かけることになった。
台風は西から近づき、雨は一段と激しさを増している。
‘これはずぶ濡れだな。靴をどうしよう。’

布のスニーカーでは濡れに行くようなものだし、革靴では後が面倒そうである。
‘ああ、どうしよう’
そこで浮かんだのが、あの時代物のレインシューズ。

履いて出た。
みるみる生地の色が濡れて濃くなっていく。
嫁さんが言う。
‘やっぱりダメね。’

レインシューズとしては機能していないことを、履いている自分が先に感じていた。
つま先が冷たくなっていたのである。
果たして、帰宅し靴を脱ぐと濡れた靴下が顔を出した。

しかし、よくよく考えた。
もしスニーカーを履いて行ったら。
もし革靴を履いて行ったら。
そうだ、このレインシューズは他の靴の代わりに濡れてくれたのだ。

靴の代わりに濡れてくれる靴。
いつまでその役目を務められるかは分からない。
ゴムの長靴を買った時点でその時代物の役目は終わってしまうのかもしれない。

けれど、そのシューズは復活した。
濡れてくれる靴として。

Last time I wrote about Nagagutsu.I have been reminded of that.It is the rain boots gotten in the mementos of the late father-in-law.

It is rain boots for business, not Nagagutsu.The boots are made of the shape which is not seen now by the old-fashioned , and the cloth which is not used now. Why did I get this rain boots, I can not find a reason. I might have been attracted, it was too old-fashioned .

It was heavy rainy yesterday too. Why are typhoons coming back-to-back this time? I wanted to stay home for a day like this bad weather, but I couldn’t.

I went to a nearby supermarket with my wife in the evening. The typhoon was approaching from the west and the rain was becoming more heavier. `I’ll get soaked .Which shoes shall I wear? ‘

If I got out wearing sneakers made of cloth, I would get my socks wet in a flash. If I wore my leather shoes (it was comfortable old shoes), I would have to take care of the shoes. `What should I do?’ So, that was the old-fashioned rain boots that occurred to me.

I wore them. The shoes were wet, and the cloth became deeper in color very quickly. My wife said to me. `I knew it would be useless. ‘

I was feeling that it could not work as rain boots earlier than her. I felt my toes were getting cold. When I got home and took off my shoes, my wet socks appeared just as my feeling.

But, I thought well. If I wear sneakers, If I wear leather shoes・・・. I knew ! This rain boots were kind enough to be wet instead of other shoes.

The shoes being kind enough to be wet instead of the shoes. I don’t know how long it will be served. The old-fashioned will finish their role once I buy rubber rain boots.

But, that rain boots were back. As shoes being kind enough to be wet .

→Isseigikousha’s homepage
→Isseigikousha’s Instagram

長靴。

昨日、国政選挙が行われた。
選挙権は国民の権利。
選挙に行かないという選択はない。

昨日も夫婦で投票所に出かけた。
台風が近づいているということで天候は最悪。
一度外に出たが、出かけることをためらうほどの雨風であった。

ふと嫁さんの足元を見るとしっかり長靴を履いている。
いや長くはなかったから、レインシューズと呼んだ方が良いだろう。
確かひざ下までの長いものも持っていたから、彼女は二足持ちか。

嫁さんに言った。
‘用意がいいな’
嫁さんは言った。
‘女性は履いているわよ’

本当だろうか?

小さな頃は男性である私も、雨が降れば学校の行き帰りに長靴を履いていた。
しかしこの40年長靴を履いた覚えがない。
いつも間にか、長靴自体の存在さえ忘れていた。

投票所までに行く道すがら、女性の足元を注視した。
確かに長靴・レインシューズを履いている女性がかなりいた。

一方男性はと言うと、その割合はかなり下がる。
と言うか、典型的な長靴を履いた男性を一人目にしただけであった。

雨が降れば、足元が濡れる。
だから長靴を履く。
この理論から言えば、多くの女性が長靴を履いているということは当たり前のことになる。

では、なぜその当たり前を男性はしないのだろうか?
通勤の服装に向かないからであろうか?
そんなことを考えながら帰宅の途につく、選挙の日曜日であった。

The national election was held yesterday.The right of the election is the people’s rights.I have no choice but to go to vote.

I went to the polls with my wife yesterday too.The weather was terrible because the typhoon was approaching.Once I got out, I hesitated to go out because the very strong wind and rain made it hard
to walk.

I happened to see my wife’s shoes, she wore nagagutsu boots well.(In Japan,rain boots have been called `naga=long,gutsu=shoes’.)No, it was not long, so it would be better to call it rain shoes.As far as I could remember, she had a long one, so she had two types of rain boots.

I said to my wife.`you are all set’.She said to me.` A lot of women are wearing them.’

I wondered if it was true.

When I was a kid,I also wore rain boots on the way to and from school in the rain.But,I do not remember wearing rain boots this 40 years.I forgot even that existence.

On the way to the polls, I watched the people’s shoes.Certainly many women wore rain boots.At the same time, many men do not wear rain boots.I saw only one man wearing traditional rain boots`nagagutsu’.

If it rains, the shoes get wet.So people wear rain boots.It’s natural that many women wear rain boots.So, isn’t it natural that many men wear rain boots in Japan.Because they doesn’t fit the suit?

It was election Sunday I went home thinking about that.

→Isseigikousha’s homepage
→Isseigikousha’s Instagram

クラウドファンディング。

クラウドファンディングとは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。
ソーシャルファンディングとも呼ばれる。Wikipediaより

今までにその群衆に2回ほどなった。
一度目は海外企業に200ドルちょっと。
二度目は国内企業に7000円ちょっと。

その経過は如何に。

一度目は投資後二年が経過したが、未だ製品は届かず。
二度目の投資は約束通り、製品はすでに手元にある。

現時点での成就率50%。
ベンチャーへの投資と考えれば、こんなものだろうとも言える。
元々、大きなの金額は使わないとしているし。

さて、このことから感じたこと。
ある一面から感じたことなのだが。
‘ベンチャーへの投資は、海外企業の方が精神的に楽である。‘

もし一度目の投資が国内企業へのものであったら。
恐らく、質問状を数多く送っていることだろう。

実際は仕様に関しての質問を一つしただけ。
それは・・・。
英語で質問するのが面倒だからである。

未だ届かぬ製品。
もし届くようなら、まずここでご報告するつもりである。
ああ、楽しみ。
・・・海外でよかった。

Crowdfunding is a coined combination of a crowd (crowd) and a fund-raiser (funding), an unspecified number of people usually provide financial resources or cooperate with other people or organizations via the Internet.Socialfunding also called. (from Wikipedia)

I have been to `the crowd’ twice. The first time I invested a little over $200 in a foreign company. The second investment was a little over 7,000 yen for a domestic company.

What happened to the investment results?

The first one has passed two years after the investment, but the product is still not received.I have already received the product as promised the second investment.

The rate of accomplishment for investment at this time is 50%. If it is an investment in a company that is unknown and is in the process of growth,I think It can’t be helped.Anyway, I decide I don’t use a big amount of money.

Well, from these things I felt. Having a different viewpoint.’ Investing in foreign ventures is easier for me mentally. ‘

If an investment that doesn’t go well is for a domestic company,Perhaps, I must keep complaining to the one.

In fact, I only asked questions about the specifications gently.Because… It’s too much hassle to for me to question in English.

Not yet received products.If I could receive the product, I will report it here first.I can’t wait .

→Isseigikousha’s homepage
→Isseigikousha’s Instagram

アマゾンプライム。

税込み3900円。
月にして325円。
アマゾンプライムの年払い会費である。

会費が取られるサービスは、この世に数数え切れないほどある。
うち(私+家族)もその幾つかを利用している。

その中で、‘これは本当に得’と思うものは一つ。
アマゾンプライムである。
あくまでも個人の感想だが。

対象は減ってしまったが(なくなった?)、「当日配送」というサービス。
端末で購入してその日にモノが届くというサービスには本当に驚かされた。

通常送料無料。
同じくアマゾンの配送センターから出荷されるモノに限ってだが、送料がかからない。

アマゾンプライムビデオ。
最新作は含まれないが、掲載された作品が見放題。
加えて、このアプリ。
ダウンロードすれば、ネット環境にない場所でもビデオを見ることができる。

書籍の読み放題。
これも指定された書籍に限るが、自由に読むことが出来る。

その他、私の知らない、使用していないサービスもあるのだろう。
これで、年3900円なのだ。

ちなみに祝日であった昨日。
ドトールで映画を一本、ゆっくり鑑賞して帰って来た。

私個人の感想では‘このサービスを使わない手はあるのか?’と思わざるを得ない。

¥ 3990 Tax incl.¥325 per month.It is the yearly membership fee of Amazon Prime.

There are a number of services that users pay their dues to.I and my family use some of them.`Amazon Prime’, there is one thing that I think that’s a good deal among them.It’s just a personal impression.

There is a service that normal shipping is free.We don’t have to pay for the goods shipped from the Amazon Distribution center.

Though the applicable products have decreased (but is it gone?), there is a delivery service on the day.I was really surprised by the service that I purchased on the Internet and received the goods on that day.

Service called Amazon Prime Video.The latest works is not included, but we can watch other selected movies and dramas
freely.Plus there’s a super cool service.If we download, we can watch the video even in a place that is not in the Internet environment.

Service called all you can read.We can watch other selected books freely.

Others, I do not know, some services that are not used.We can receive these services at 3,900 yen per year.

Yesterday was a national holiday.I watched a downloaded movie slowly at the Doutor coffee shop and went home.

Amazon Prime ,I think I have no choice but to use this service.

→Isseigikousha’s homepage
→Isseigikousha’s Instagram

川面から。

ここのところの、このブログは私の週末の過ごし方の報告に終始している。

昨日の日曜日。
予報通り、天気は秋晴れ・快晴。
数日前に申し込みしていたのが「神田川クルーズ」。
日本橋を出発点とし、日本橋川→神田川→隅田川→日本橋川と川を巡り日本橋の船着場に戻ると言う90分の短い川巡りである。

神田川を船で下ってみたいという思いは昔からあった。
ある二つのことがきっかけで。

小学生の頃である。
週に一度、一人で中央線を使って都心に出ることがあった。

自宅から中央線に乗り換えるには、総武線の御茶ノ水で一度乗り換えなくてはいけない。
と言っても、フォームは変わらないのだが。
その御茶ノ水のフォームから、神田川そしてその上に架かる丸ノ内線が眼下に見えた。

地下鉄丸の内線は、神田川を渡るところで一度地上に顔を出す。
トンネルから赤い車両が顔を出し、神田川を渡って行く姿が眼下に見えた。
ああ、一度川面からこの姿を見上げて見たいと当時よく思ったものだ。

結婚した後のこと。
大正生まれの義父からこんな話を聞いた。
‘子供の頃、潮干狩りに行く時にはお茶ノ水の神田川から船に乗り、隅田川を下って千葉の方に行ったもんだ。’

神田川から見上げる光景、隅田川の水面から見える景色を見てみたい。
しかし、こんな思いは久しく忘れていた。
それを思い出させてくれたのは、このところはまりつつある‘ガイドさん付きツアー’なのである。

楽しかった。
短くは書けない。
だから画像を載せる。

残りは、弊社(個人的な趣好に走っているが)のインストグラムに掲載しておく。
ご興味あればご覧頂きたい。

数年後、日本橋に覆いかぶさる首都高が姿を消したら、駿河台と湯島を結ぶ聖橋の改修作業が終わったら、もう一度水面から見上げてみたいと思っている。

神田川から見上げる御茶ノ水駅

Lately this blog is filled with stories on how to spend my weekend

Yesterday, as the weather forecast , it was fine and sunny Sunday.A few days ago I was making a reservation for a boat ride.It’s called Kandagawa Cruise.The pier in Nihonbashi River is a starting point, and it is a short 90-minute river tour that it ships around Nihonbashi River → Kanda River→ Sumida River →Nihonbashi River,and returns to the first place.

I’ve always wanted to boat down Kanda River.I had two reasons.

The first reason.Time goes back to elementary school.Once a week, I went to the center of Tokyo using the Chuou line alone.To get on the Chuou line from home, I had to transfer once with Ochanomizu of the Sobu line.However, the form does not change.

From the form of the Ochanomizu, I was able to see Kanda River and the Marunouchi line above it.The subway Marunouchi line is once on the ground across the Kanda River.I could see a red vehicle coming from the tunnel, and crossing the Kanda River bellow.Oh, For once in my life I would like to look up at this fine sight from the surface of the water.

The second reason.Time goes back to newlyweds.I heard such a story from father-in-law born in the Taisho period.(Taisho period was 1912-1926.)He said to me.when he was a child, He went to gather clams .His family took the boat from the wharf floating on the Kanda River at Ochanomizu.,and shipped to Chiba area through the Sumida River.

I would like to look up at a fine sight from the surface of Kanda River.I would like to see a fine sight on the surface of Sumida Rive.However, I had forgotten such thoughts for a long time.

It was the guided tour being into recently that reminded me of them

I really had a good time.I can’t write that emotion in brief..So instead,I show you a picture.I posted the rest of the photos on Instagram.If you are interested, please contact them.

After a few years, after the disappearing Metropolitan Hightway over Nihonbashi ,after the renovation of Hijiri Bridge connecting Surugadai and Yushima, I want to look up again from the surface of the water.

(Nihonbasi is the bridge over Nihonbashi River in Chuo-ku, Tokyo.It is A road-origin marker of Japan and the starting point of road network in Japan.Built in 1911, the current Nihonbashi is a national important cultural property.Nevertheless,The Government of Japan made highways over such a historic bridge.)

→Isseigikousha’s homepage
→Isseigikousha’s Instagram