未分類」カテゴリーアーカイブ

新年始業。

1月5日(金)。
今日から始業。

昨年はこう書いた。

素直に見分を広めたいと思う。
素直に流れに身を任せたいとも思う。
そして、激しく現状に抗いたいと思う。

今日はその三百六十九日目。
今年も宜しくお願い致します。

January 5 (Fri).My company is starting today.

Last year I wrote the following.

I want to broaden my knowledge honestly.I want to leave myself go with the flow too.And, I want to resist my present situation fiercely.

Today is day 369th.
I look forward to working with you in 2018!.

→Isseigikousha’s homepage
→Isseigikousha’s Instagram

傲り(おごり)。

アーチェリーを習い始めて五か月が過ぎようとしている。

以前にも体験程度でアーチェリーをしたことはあった。
今は区の協会にも入り、競技としてのアーチェリーを教わっている。

認定という制度がある。
指導員立ち合いの元または公式な試合の場で、ある点数以上を打てるようになると個人でも施設を使うことができる制度である。
つまりこの認定を取らないうちは、指導下でしか矢が打てないのである。

昨日は協会の月例会があった。
協会内での試合となる。
今回の競技内容が認定の基準となるものであった為、この回での認定を目指して練習を行ってきた。

仕事をやり繰りし、道具を車に積み、ここひと月は可能な限り練習に通った。
自己で点数をつける限りでは、認定に必要な点数を下回ることはこのひと月に限っては無かった。
そして間違いなく認定を頂くつもりでいた。

気持ちが浮かれていたのだろう。
普段はあまりいじらない道具の調整を前夜に行った。
サイトも新調した。
そして道具を収納するバッグも新しくして、当日に臨んだ。

試合は前後半ある。
この二度のチャンスで一度でも指定点数を超えればよい。

道具の調整、サイトの新調を考え、前半は矢をまとめることを考えた。
後半の勝負ということだ。
前述の通りこのひと月の調子を考えれば、問題にないプランであった。

開始。

いきなりM(=的外れ)を起こす。
打ったことのない点数である。
その後も一度。

調整を行いながら競技を続けるが、なんだかおかしい。
矢取をしながら考え込む時間が増える。
バラつき方が予測を超えているのだ。

前半戦終了。
結果、自己最高点を90点近く下回る点数に終わる。

休憩後、後半開始。
調子が上がらない。
それでも前半戦の結果を踏まえて、調整を続けながら打ち続ける。

微妙な点数を重ねながら最後のエンド。
7割の得点率で認定をもらえる点数で臨んだ。
正直、難しい点数ではなかった。

試合途中から、ある現象に苦労していた。
矢のセットがままならなくなったのだ。

矢はレストという道具に支えられてセットされる。
そのレストから矢が落ちるのだ。
たまらず、休憩時間にある知り合いの競技者に尋ねた。

‘レストから落ちるのだけど、打ち方が悪いのだろうか?’
彼は私の道具を見て答えてくれた。
‘レストの先が切れてなくなっているよ。’

レストの先が切れる?
全く想定外の現象であった。
しかし消耗品である以上、起こりえる現象なのだ。

しかし私には思いも寄らなかった。
予備の用意も無かった。

後半終了。
残念ながら点数は及ばす。
まだまだ腕が足らなかったのだと言い聞かせた。

そして道具をリセットして帰り支度を始めた。
そこで気づいたのだ。
新調した収納バッグに中に、使われていない道具が残っていたことに。

矢の直進性に関わる道具をつけ忘れ、矢のセットに関わる道具の不備。
道具は所詮道具、大事なのは自分の技量の上達。
道具への関心を怠っていた。

道具は二の次。
思い上がっていた自分に気づいた。

普段、道具で仕事をしている立場で何たることか。
競技に対する真摯な態度に欠けていたのだ。

道具は協会からお借りしているもの。
初級者用に揃えられて、道具もそれなりのものしか用意されていない。
高い安いの問題ではなく、その道具の存在・必要性。

目指した目標を達することは出来なかったが、得たものも大きかった。

‘Five months is going to pass since I began to learn archery.’

Before, I have played the archery at the level of experience. Now I’m in the local association and I’m taking archery coaching as an athletic sport.

When we are practicing in a public archery facility, we have a system called Certification. It is a system that an individual can use it when we can get more than a certain point in the presence of an instructor or in the official game. In short, we can only strike the arrow under the instructor until we take this certification

I had a monthly meeting in the local association. It is also a competition in it. Because the content of this competition was the basis for certification, I have been practicing for being certified at this time.

I made do my work schedule, loaded the tools into my car, and went to practice as much as possible this month. As far as self-scoring is concerned, it was not less than the number of points required for certification for the past one month. And no doubt, I was going to get certified.

I think that I was in high spirits. I think that I was not paying attention. The day before the competition, I did the adjustment of the tool which I did not usually do much. I attached the new, but not familiar sight to the bow. And, I had the new bag in which I put the tools, and I faced the competition on the day.

The game was in the second half. At this second chance I should have beyond a specified number even once.

I thought about the adjustment of the tool, the site unfamiliar, and I thought of grouping the arrow in the first half. I gave weight to the second half. It was a plan which was not a problem for me if it thought about my condition of this one month as described above.

The game was started.

Right at the beginning, I removed the target. This is the number of points I have never taken in a few months. I took it once after that.

I continued the game while making adjustments, but I felt something was off. While taking an arrow stuck in the target, I had more time to think. The variation was more than my prediction.

The first half was finished. As a result, I ended up with a score of nearly 90 points less than my best self-scoring.

After the break, the second half was started. I was not myself. Still, based on the results of the first half, I shot the arrow while continuing the adjustment.

I entered on the last end while piling up a mediocre score. It was a situation to get certified at a score rate of 70%. To be honest, it wasn’t a difficult score for me until then.

From the middle of the game, I had a hard time with a phenomenon. I barely set the arrows.

The arrow is set supported by the tool called the rest. I couldn’t help falling the arrow from the rest. I couldn’t bear it anymore, and I asked a competitor whom I knew at the break time.

I asked him. ‘ The arrow is falling from the rest, but how is my shooting? ‘ He looked at my tools and answered me. ‘ A pointed head of the rest is gone. ’

‘ A pointed head of the rest is gone? ’ It was an unexpected phenomenon at all for me. However, it was a possible phenomenon because it was a consumable product.

But it never occurred to me that. a pointed head of the rest was gone. I didn’t have any spare.

The game was finished. I was afraid that my score was short. I told myself that I was still bad at archery.

And I put my tools away and got ready to go home. Then, I noticed it. One tool which was not used was left in the new bag.

I forgot to put the tool related to the arrow straight, and had the omission of the tool related to the set of the arrow. I thought that the tool was the tool after all, and the important one was my skill. I neglected the interest in the tool.

The tools are of secondary importance. I noticed that I was so conceited.

What a fine state of affairs! I am usually able to work thanks to the tools. I lacked a serious attitude toward the competition.

I am renting the tools from the association. It is arranged for the beginner, and the tool is prepared only for a moderate one. The existence and the necessity of the tool are important not the problem that price is high or cheap.

I couldn’t achieve my goal, but what I got was great.

→Isseigikousha’s homepage
→Isseigikousha’s Instagram

わたしのお気に入りレコードジャケット展

弊社がお世話になっているイラストレーターの Eiko Kage 女史の出展情報。
共同出展の一人として参加。

仕事途中にちょっと寄ってみてください。

わたしのお気に入りレコードジャケット展
12.4[Mon] ⇒ 12.9[Sat] 13:00 ⇒ 20:00 最終日は17:00まで

ランドリーグラフィックスギャラリー
laundry_gallery@xqj.biglobe.ne.jp
わたしのお気に入りのレコードジャケット展
〒151-0051
渋谷区千駄ヶ谷1-11-3メゾン中塚101
TEL03-6447-1619
わたしのお気に入りのレコードジャケット展(Face Book)

Joint Exhibition information of Ms.Eiko Kage, an illustrator.
Please stop by there .
My Favorite Record Jacket Exhibition
12.4 [Mon] ⇒ 12.9 [Sat] 13:00 ⇒ 20:00 last day to 17:00
At the Laundry Graphics Gallery
151-0051, Japan
1-11-3 Maison Nakatsuka 101, Sendagaya, Shibuya-ku
03-6447-1619

日は暮れて。

一昨日の日曜、嫁さんと散歩に出かけた。

以前にも書いたが、このブログは私の週末の過ごし方報告になった感がある。
本当に嫁さんと出かけているのか。
フィクションではないかと言う読み手(友人)もいる。
夫婦が円満であることを演出しているのではないかと。
円満かどうかは分からないが、ここのところ週末に出かける時はほぼ‘二人で’というのは事実である。

土曜日に共通の友人たちとの飲み会があった。
よく飲んだ。
そして日曜。
顔は浮腫み、身体の切れも悪い。
そこで、‘体内にある悪いものを出し行こう’と二人で散歩に出かけたのだ。

そんな調子だから、起きるも遅い。
普段は昼前に出かけ日の高いうちに帰ってくる散歩なのだが、この日は出るのが遅れた。

土手沿いに歩き、川を渡る。
その日のゴールは五キロほど先の商業施設と定めた。
このルートはよく歩く道。
しかし、同じ道でも季節や時間が異なれば見える風景、光景も違う。

途中、砂町銀座を抜ける。

おでん屋の前に長い行列が続いている。
そういう時期なのだろう。
総菜屋の店先に並ぶ、漬物の種類も異なっている。

往路は道草はしない。
とりあえずゴールへ。
多少の汗をかきながら、到着。
悪いものはかなり排出できたようだ。

施設内にあるペットショップに入る。
猫好きの彼女のルーティンでもある。
そののち、家族の冬物衣類を購入し、喫茶店で一息つく。

外はすでに日が陰っている。
甘いものに目が誘われたが、ここはぐっと抑え店を出る。
悪いものを最後まで出し切らなくてはならない。

この日の夕食は二人で食べることが分かっていた。
ならば、手をかけずに用意をしよう。
砂町銀座が待っている。

行きに気になっていたぬか漬け、大根とかぶを一つずつ、315円。
すでに店じまいを始めた魚屋で刺身四品を1080円。
匂いに誘われ、レバー二本、皮二本、なんこつ二本、いくらだったか。

暗闇遠く、恐竜橋観覧車を眺めながら橋を渡る。
特別なことは何もない。
静かな日曜日であった。

Last Sunday, I went for a walk with my wife as usual.

Though I’ve written before, I have a feeling that this blog has become a report of my weekend spent.Is that true I go out with my wife? There is a reader (=my friend) who says that it is a fiction, too. He is afraid that I direct we’ve been happily married. I don’t know whether it’s happily or not, but it is true that when we go out on weekends, it’s almost ‘ two ‘.

On last Saturday, we had a drinking party with our mutual friends. We drank too much.The day after that was Sunday. Our face were puffy and our bodies were felt dull. So we went out for a week to pass bad ones from our bodies. It was too late for us to wake up in such a condition. We usually go out for a walk before noon, but we were late for this Sunday.

We walked along the bank and crossed the river. We decided a goal was the commercial facility about 5 kilometers ahead on that day. This route was a repeated way to walk. However, we would see a different scenery and a different spectacle if the season and time differed on the same road.

On the way, we passed through the shopping street called Sunamachi Ginza.

The Oden shop had a long line in front. It was a just season when they wanted to eat oden.
The types of Japanese pickles that were lined up in the storefront were also different from early fall.

We did not hang around on the outward. We kept walking to the goal anyway. We arrived there with a little sweat. We seemed to pass bad ones from our bodies considerably.

We entered the pet shop in the facility. It was her routine. She was an unmatched cat lover. After that, we bought the family winter clothes and took a break at the coffee shop.

It seemed that the sun was already getting dark outside. The sweets sold at the coffee shop caught our eyes ,but we resisted them and left there. We must pass out from our bodies completely.

I knew that we would have dinner together alone on this day. Then, we were thinking about preparing dinner without our efforts. Sunamachi Ginza was waiting for us.

The Nukazuke(=a kind of Japanese pickles) being on my mind On the way there ,we bought a radish and a turnip each one by 315 yen. We bought 4 kinds of sashimi by 1080 yen in a fish store that has already started closing. The smell of Yakitori made us hungry, so we bought two chicken lever skewers, two skin skewers, and two chicken cartilage skewers. I had faint memory how much.

In the dark, we crossed the river looking at the Dinosaur Bridge and the Ferris wheel.

Nothing special. It was a quiet Sunday.

→Isseigikousha’s homepage
→Isseigikousha’s Instagram

早起きは三文の徳(了)。

続き。

AFTER SCHOOL HANGOUT での高橋幸宏氏と矢野顕子氏の共演に感激。
その後、矢野顕子→スチャダラパー→ムーンライダーズ→スカパラと続く。
(ムーンライダーズのゲストとしてドラムを叩いた幸宏氏は、本当に恰好良かった。)

その間、レフトステージでも熱演は続く。
ポカスカジャンの上手さに驚く。

そして、彼らが登場してくるのである。
電気グル―ヴ。

持ち時間は30分。
彼らは休むことなく音を出し続け、ステージを所狭しと盛り上げにかかる。

50を超えた私には、この30分は修行としか思えなかった。
手を振り、跳ねる。
休むことは許されぬ。

卓球の、ピエールの一挙手一投足は、私だけに向けて発信されていると信じて疑わなかった。
そんな距離感だった。

そしてトリを飾ったのは、もちろんMETAFIVE。
正直、楽曲はわたしの理解を超えていた。
テクノ少女であった嫁さんには感動ものだっただろう。

アンコール。
赤のシャツに着替えて(あの赤い人民服を思い出したのは私だけだろうか)登場。
そして、あの曲。

まさか、まさかの‘君に胸キュン。’
ユキヒロ氏と一緒に歌える日がやってこようとは夢にも思わなかった。

誘ってくれた嫁さん、ありがとう!
そして、早起きに、ありがとう

海。

昨日、嫁さんと海に出かけた。
今年初めての海である。

砂浜の端から端をぶらぶらと歩く。
のんびり景色を眺めながら、ぶらぶらと。
元より水着などは持参せず。
往復、二時間ばかり歩いただろうか。

帰りにサッポロのビール園に寄る。
彼女はビール、自分はノンアル。
食べ放題は選ばず、ジンギスカンを一盛り。
そこに少し加える。
これで十分。

出て帰って六時間の海散歩。
もう、こういう楽しみ方で良いのだろう。

ハンドメイド。

一誠技工舎で販売しているお面には、手を加えてもらうことが前提のモノがある。
それは動物のモノに特に多い。

動物の顔の形は、人間のそれとはやはり違う。
それは霊長類にしろ、身近にいる犬猫にしても同じことである。

被ればどこかしら顔に当たるだろうし、視野も確保できない。
視野に関して言えば、概してお面は視野の確保が難しいものが多い。

一方、へたにカットを入れると元のイメージを損なってしまう場合もある。
動物のお面もしかり、実写面などもそうである。

だから、元々何も手を加えないで販売しているモノがある。
自分の顔に合わせて、当たるところはカットして頂き、見えるようにくり抜いて頂く。

当社のお面はベースを販売し、あとはお客様の方で手を加えて頂く。
よく言えば’ オリジナル志向 ’、正直に言えば‘ お客様負担志向 ‘とも言えるかもしれない。

いろいろな形に整え、いろいろな色を加えていって欲しいと願っている。
ただ、注意してほしい。
手を加えるときには、くれぐれもお怪我のないように。
お怪我をしないようなものに。

handmade

葉桜。

会社近くの散歩道に、少し早く咲く桜があると書いた。
そしてその先には、桜の名所があるとも書いた。

この桜の名所。
私の仕事道でもある。
毎日のようにこの道を通るのだが、桜が開花してから何故か通っていない。
それ故、私の中の桜は少し早く咲くあの桜である。

早く咲けば、早く散る。
週明け昨日歩いたところ、葉桜となっていた。

私は、桜の咲く時期の日本がとても好きである。
開花と共に、見るものが明るくなっていく。

多少寒さは残るが、震えるほどではない。
暑がりの私には過ぎしやすい時期でもあるのだ。

もう葉桜か。
緑の季節を迎える、少し寂しくもある時期である。