投稿者「t@isseigi.co.jp」のアーカイブ

電子化。

今朝ある番組でエストニアの国を挙げての電子化の話を聞いた。
ほとんどの行政サービスが電子化され、国民もその手続きに多くの時間を取られることはないと言う。
徹底したペーパーレス化、ネット環境さえ整えれば自宅で手続きを済ますことが出来るという。

年明け、私も行政サービスの申請を行った。
まずは戸籍のある区役所で証明書申請。
そしてその証明書を持って、都の窓口へ。
年明けという事もあり、両事務所には長蛇の列。

この日は平日。
たまたま正月休みが役所始めに重なったおかげで、手続きに行くことが出来たのだ。
この日を逃せば、仕事を一日休まなければならなかった。

日本では住民が行政サービスを受けるために、自らの仕事を休まなければならないことが多々ある。
納税者が仕事を休まなければならないのである。

いつか我が国も、住民の手を煩わすことなく行政サービスを受けられる日が訪れるのだろうか。
そういう税金の使い方ならば、こちらもありがたいのだが。

EORA 3Dがやってきた!

あれはいつのことだっただろうか?
もう二年以上は確実に過ぎている。

クラウドファンディングに初めて投資した。

クラウドファンディング自体初めてな上に、募集は海外。
二つの壁を越えてまでもいじってみたい機器だったのだ。

このファンディングに気づいた時には、本体+ターンテーブルの最もお得なセットは募集が終了していた。
残りは本機のみの最終一台。
四の五の考えている暇はなかった。

非接触式で、小型。
スマートフォンとアプリを使用して3Dスキャンを行う。
という説明。

費用は二、三万円ほどだったと記憶する。
記憶がかすむ程、遠い昔に投資した。

いつになっても届かないため、一時は‘失敗’と諦めた。
投資というのはこういうものだと心の整理もした。

が、届いたのだ!

使い勝手その他は分からない。
使えるまでには、まだまだ壁がある。
本機もアプリも英語でしか説明がない。

アプリもまだベーター版のようなもので、完成形ではないらしい。
使いながらメーカーと共に理解を深めて行こうという段階なのだ。

その機器の名前は、EORA 3D
さて、どこまで満足させてくれるだろうか?

When did I? More than two years have surely passed.

I invested in crowdfunding for the first time.

The first time in the crowdfunding itself for me, it was from abroad.Even I overcame two obstacles, I wanted to try to play with the equipment.

When I noticed this funding, I had already finished recruiting the set on best deals of the main body + turntable. I could only buy the last one of a main body. I didn’t have no time to consider.

It was noncontact type, small one. We do 3d scanning using a smartphone and a app. It was an explanation.

I remember paying 20000 or 30000 yen as the price of it. I invested in a long time ago as I couldn’t remember.

I gave up with a ‘ failure ‘ at one time because it would take me 100 years to get it. I had organized my mind that this was an investment.

But I got it!

I still don’t know its usability and others. I will have some obstacles before I can use it. I get the explanation to this equipment and the application only in English.

The app is still like the beta version, not the finished form. It is a stage that the consumer is going to deepen understanding with the maker while using it.

The name of that equipment is EORA 3D. Well, how much will it satisfy me?

→Isseigikousha’s homepage
→Isseigikousha’s Instagram

新年始業。

1月5日(金)。
今日から始業。

昨年はこう書いた。

素直に見分を広めたいと思う。
素直に流れに身を任せたいとも思う。
そして、激しく現状に抗いたいと思う。

今日はその三百六十九日目。
今年も宜しくお願い致します。

January 5 (Fri).My company is starting today.

Last year I wrote the following.

I want to broaden my knowledge honestly.I want to leave myself go with the flow too.And, I want to resist my present situation fiercely.

Today is day 369th.
I look forward to working with you in 2018!.

→Isseigikousha’s homepage
→Isseigikousha’s Instagram

年末の挨拶から。

先々週から少しずつ始めて、今日で終了する予定。

この時期毎年、カレンダを持って年末の挨拶に伺う。
例年、持参するのは総数の三分の二ほどの数量。
三分の一は送付していた。

今年は送付する数量を極力減らして、持参することにした。
結果として、二週間以上をかけて終了することになる。

時間はかかったが、得るものは大きかった。
予定していた担当者の方と共に別の方にお会いできたりと。

年末の挨拶から。
楽すれば楽しただけのことが、労力をかければかけただけのことが得られるのだと改めて感じた。

今年の営業も残り四日。
年々、時が過ぎるのを早く感じる。

Starting a little bit from the week before last, and today I plan to finish it.

At this time of the year, I have a calendar and go for the year end greetings. I bring the quantity of about two-thirds of the total number of calendars every year. That is, until now I had sent a third of the calendar.

I decided to bring them as much as possible to reduce the quantity to be sent this year. As a result, I had to take more than two weeks to finish the greeting.

It took me a while, but what I got was great. With the person in charge whom I made an appointment, I could meet another person.

From the year end greeting,, I again realized I must not go to any expense.

I have only four working days left this year. Year by year, I feel the time passes quickly.

→Isseigikousha’s homepage
→Isseigikousha’s Instagram

傲り(おごり)。

アーチェリーを習い始めて五か月が過ぎようとしている。

以前にも体験程度でアーチェリーをしたことはあった。
今は区の協会にも入り、競技としてのアーチェリーを教わっている。

認定という制度がある。
指導員立ち合いの元または公式な試合の場で、ある点数以上を打てるようになると個人でも施設を使うことができる制度である。
つまりこの認定を取らないうちは、指導下でしか矢が打てないのである。

昨日は協会の月例会があった。
協会内での試合となる。
今回の競技内容が認定の基準となるものであった為、この回での認定を目指して練習を行ってきた。

仕事をやり繰りし、道具を車に積み、ここひと月は可能な限り練習に通った。
自己で点数をつける限りでは、認定に必要な点数を下回ることはこのひと月に限っては無かった。
そして間違いなく認定を頂くつもりでいた。

気持ちが浮かれていたのだろう。
普段はあまりいじらない道具の調整を前夜に行った。
サイトも新調した。
そして道具を収納するバッグも新しくして、当日に臨んだ。

試合は前後半ある。
この二度のチャンスで一度でも指定点数を超えればよい。

道具の調整、サイトの新調を考え、前半は矢をまとめることを考えた。
後半の勝負ということだ。
前述の通りこのひと月の調子を考えれば、問題にないプランであった。

開始。

いきなりM(=的外れ)を起こす。
打ったことのない点数である。
その後も一度。

調整を行いながら競技を続けるが、なんだかおかしい。
矢取をしながら考え込む時間が増える。
バラつき方が予測を超えているのだ。

前半戦終了。
結果、自己最高点を90点近く下回る点数に終わる。

休憩後、後半開始。
調子が上がらない。
それでも前半戦の結果を踏まえて、調整を続けながら打ち続ける。

微妙な点数を重ねながら最後のエンド。
7割の得点率で認定をもらえる点数で臨んだ。
正直、難しい点数ではなかった。

試合途中から、ある現象に苦労していた。
矢のセットがままならなくなったのだ。

矢はレストという道具に支えられてセットされる。
そのレストから矢が落ちるのだ。
たまらず、休憩時間にある知り合いの競技者に尋ねた。

‘レストから落ちるのだけど、打ち方が悪いのだろうか?’
彼は私の道具を見て答えてくれた。
‘レストの先が切れてなくなっているよ。’

レストの先が切れる?
全く想定外の現象であった。
しかし消耗品である以上、起こりえる現象なのだ。

しかし私には思いも寄らなかった。
予備の用意も無かった。

後半終了。
残念ながら点数は及ばす。
まだまだ腕が足らなかったのだと言い聞かせた。

そして道具をリセットして帰り支度を始めた。
そこで気づいたのだ。
新調した収納バッグに中に、使われていない道具が残っていたことに。

矢の直進性に関わる道具をつけ忘れ、矢のセットに関わる道具の不備。
道具は所詮道具、大事なのは自分の技量の上達。
道具への関心を怠っていた。

道具は二の次。
思い上がっていた自分に気づいた。

普段、道具で仕事をしている立場で何たることか。
競技に対する真摯な態度に欠けていたのだ。

道具は協会からお借りしているもの。
初級者用に揃えられて、道具もそれなりのものしか用意されていない。
高い安いの問題ではなく、その道具の存在・必要性。

目指した目標を達することは出来なかったが、得たものも大きかった。

‘Five months is going to pass since I began to learn archery.’

Before, I have played the archery at the level of experience. Now I’m in the local association and I’m taking archery coaching as an athletic sport.

When we are practicing in a public archery facility, we have a system called Certification. It is a system that an individual can use it when we can get more than a certain point in the presence of an instructor or in the official game. In short, we can only strike the arrow under the instructor until we take this certification

I had a monthly meeting in the local association. It is also a competition in it. Because the content of this competition was the basis for certification, I have been practicing for being certified at this time.

I made do my work schedule, loaded the tools into my car, and went to practice as much as possible this month. As far as self-scoring is concerned, it was not less than the number of points required for certification for the past one month. And no doubt, I was going to get certified.

I think that I was in high spirits. I think that I was not paying attention. The day before the competition, I did the adjustment of the tool which I did not usually do much. I attached the new, but not familiar sight to the bow. And, I had the new bag in which I put the tools, and I faced the competition on the day.

The game was in the second half. At this second chance I should have beyond a specified number even once.

I thought about the adjustment of the tool, the site unfamiliar, and I thought of grouping the arrow in the first half. I gave weight to the second half. It was a plan which was not a problem for me if it thought about my condition of this one month as described above.

The game was started.

Right at the beginning, I removed the target. This is the number of points I have never taken in a few months. I took it once after that.

I continued the game while making adjustments, but I felt something was off. While taking an arrow stuck in the target, I had more time to think. The variation was more than my prediction.

The first half was finished. As a result, I ended up with a score of nearly 90 points less than my best self-scoring.

After the break, the second half was started. I was not myself. Still, based on the results of the first half, I shot the arrow while continuing the adjustment.

I entered on the last end while piling up a mediocre score. It was a situation to get certified at a score rate of 70%. To be honest, it wasn’t a difficult score for me until then.

From the middle of the game, I had a hard time with a phenomenon. I barely set the arrows.

The arrow is set supported by the tool called the rest. I couldn’t help falling the arrow from the rest. I couldn’t bear it anymore, and I asked a competitor whom I knew at the break time.

I asked him. ‘ The arrow is falling from the rest, but how is my shooting? ‘ He looked at my tools and answered me. ‘ A pointed head of the rest is gone. ’

‘ A pointed head of the rest is gone? ’ It was an unexpected phenomenon at all for me. However, it was a possible phenomenon because it was a consumable product.

But it never occurred to me that. a pointed head of the rest was gone. I didn’t have any spare.

The game was finished. I was afraid that my score was short. I told myself that I was still bad at archery.

And I put my tools away and got ready to go home. Then, I noticed it. One tool which was not used was left in the new bag.

I forgot to put the tool related to the arrow straight, and had the omission of the tool related to the set of the arrow. I thought that the tool was the tool after all, and the important one was my skill. I neglected the interest in the tool.

The tools are of secondary importance. I noticed that I was so conceited.

What a fine state of affairs! I am usually able to work thanks to the tools. I lacked a serious attitude toward the competition.

I am renting the tools from the association. It is arranged for the beginner, and the tool is prepared only for a moderate one. The existence and the necessity of the tool are important not the problem that price is high or cheap.

I couldn’t achieve my goal, but what I got was great.

→Isseigikousha’s homepage
→Isseigikousha’s Instagram

わたしのお気に入りレコードジャケット展

弊社がお世話になっているイラストレーターの Eiko Kage 女史の出展情報。
共同出展の一人として参加。

仕事途中にちょっと寄ってみてください。

わたしのお気に入りレコードジャケット展
12.4[Mon] ⇒ 12.9[Sat] 13:00 ⇒ 20:00 最終日は17:00まで

ランドリーグラフィックスギャラリー
laundry_gallery@xqj.biglobe.ne.jp
わたしのお気に入りのレコードジャケット展
〒151-0051
渋谷区千駄ヶ谷1-11-3メゾン中塚101
TEL03-6447-1619
わたしのお気に入りのレコードジャケット展(Face Book)

Joint Exhibition information of Ms.Eiko Kage, an illustrator.
Please stop by there .
My Favorite Record Jacket Exhibition
12.4 [Mon] ⇒ 12.9 [Sat] 13:00 ⇒ 20:00 last day to 17:00
At the Laundry Graphics Gallery
151-0051, Japan
1-11-3 Maison Nakatsuka 101, Sendagaya, Shibuya-ku
03-6447-1619

ほろデニ。

息子のサッカー観戦を始めた頃からか、昼間から呑む機会が格段と増えた。
他の保護者の方々と観戦の余韻を楽しみつつ、交流を深めて行くには良い手段であった。
その回数は減ったが、息子が現役を引退した今でも続いている。

さて、昨日の日曜日、息子の後輩にあたる部員たちの公式戦が行われた。
久しぶりに、試合会場を訪れた。

試合は第一試合、11時前には終了をした。
少し風邪気味であったこともあり、‘今日は呑まない’と決め、旧知の保護者の方々と近くに昼食を取りに向かった。
たまたまデニーズの看板が目に入り、そのまま入店。

そしてたまたま、あるメニューが目に入る。
ほろデニセット

アルコール1杯におつまみがついて500円(税抜)。
これはお得である。

‘今日は呑まない’と決めた以上、他のページのメニューに移る。
そして、戻す。

私が呑まないと言っていたため同行の知人たちもそうするつもりであったようだが、同じ行動を示している。
次のページを開いては戻している。
‘500円だけ呑みましょうか’と私が言うと、あっさり皆 ‘そうしましょう’。

一杯では終わらないことを分かりながらも、そのセットに手を出してしまった。
このセットは悪魔のようなセットである。
一人初回1セットではなく、何度でも重ねて頼めてしまうのだ。

結局、一人3セット(アルコール3杯におつまみ3品)を重ねてしまった。
ほろデニ。
本当にほろ苦いセットであった。

When I started watching my son’s soccer, I had a lot of opportunities to drink from the daytime. (Drinking from the daytime is called `hirunomi’ in Japan.) It was a good way to deepen the engagement while basking in the afterglow of watching the game with other spectators.

The number of times has decreased after my son retires, but I still keep watching the game and continue hirunomi.

Well, last Sunday, my son’s `kouhai’(= they joined the soccer club later than he did) had the official game. I went to the match venue after a long time.

The match was done as a 1st and was finished before 11am. I had a little bit cold, so I decided not to drink today, and went to lunch with old friends. We happened to see the Denny’s sign and entered the restaurant.

And, we happened to see a menu. It was written `Horo-Deni-set’.

Using the menu, we could drink a cup of liquor with a plate of nibble at 500 yen without tax. This was a great deal.

I decided not to drink today, and I opened the menu on the other page. And back the page. It seems that my friends would do it because they heard that I would not drink. But they did like me. They also turned over the next page, and also return the page. ‘Shall we drink only 500 yen?’ I said. They all replied easily, ‘ Let’s do it. ‘

Though we recognized that it did not end in one cup, we dabbled in the set. This set was a set like Satan. It was not a set per person, and we cloud order it again and again.

After all, we ended up having three sets (three cups of liquor and three plates of nibble) per person. `Horo-deni’, it was a really bittersweet set.

Add.
Horo of Horo-deni is an omission of Horo-yoi, which means tipsy. Bittersweet means `Horo-nigai’ in Japanese.

日は暮れて。

一昨日の日曜、嫁さんと散歩に出かけた。

以前にも書いたが、このブログは私の週末の過ごし方報告になった感がある。
本当に嫁さんと出かけているのか。
フィクションではないかと言う読み手(友人)もいる。
夫婦が円満であることを演出しているのではないかと。
円満かどうかは分からないが、ここのところ週末に出かける時はほぼ‘二人で’というのは事実である。

土曜日に共通の友人たちとの飲み会があった。
よく飲んだ。
そして日曜。
顔は浮腫み、身体の切れも悪い。
そこで、‘体内にある悪いものを出し行こう’と二人で散歩に出かけたのだ。

そんな調子だから、起きるも遅い。
普段は昼前に出かけ日の高いうちに帰ってくる散歩なのだが、この日は出るのが遅れた。

土手沿いに歩き、川を渡る。
その日のゴールは五キロほど先の商業施設と定めた。
このルートはよく歩く道。
しかし、同じ道でも季節や時間が異なれば見える風景、光景も違う。

途中、砂町銀座を抜ける。

おでん屋の前に長い行列が続いている。
そういう時期なのだろう。
総菜屋の店先に並ぶ、漬物の種類も異なっている。

往路は道草はしない。
とりあえずゴールへ。
多少の汗をかきながら、到着。
悪いものはかなり排出できたようだ。

施設内にあるペットショップに入る。
猫好きの彼女のルーティンでもある。
そののち、家族の冬物衣類を購入し、喫茶店で一息つく。

外はすでに日が陰っている。
甘いものに目が誘われたが、ここはぐっと抑え店を出る。
悪いものを最後まで出し切らなくてはならない。

この日の夕食は二人で食べることが分かっていた。
ならば、手をかけずに用意をしよう。
砂町銀座が待っている。

行きに気になっていたぬか漬け、大根とかぶを一つずつ、315円。
すでに店じまいを始めた魚屋で刺身四品を1080円。
匂いに誘われ、レバー二本、皮二本、なんこつ二本、いくらだったか。

暗闇遠く、恐竜橋観覧車を眺めながら橋を渡る。
特別なことは何もない。
静かな日曜日であった。

Last Sunday, I went for a walk with my wife as usual.

Though I’ve written before, I have a feeling that this blog has become a report of my weekend spent.Is that true I go out with my wife? There is a reader (=my friend) who says that it is a fiction, too. He is afraid that I direct we’ve been happily married. I don’t know whether it’s happily or not, but it is true that when we go out on weekends, it’s almost ‘ two ‘.

On last Saturday, we had a drinking party with our mutual friends. We drank too much.The day after that was Sunday. Our face were puffy and our bodies were felt dull. So we went out for a week to pass bad ones from our bodies. It was too late for us to wake up in such a condition. We usually go out for a walk before noon, but we were late for this Sunday.

We walked along the bank and crossed the river. We decided a goal was the commercial facility about 5 kilometers ahead on that day. This route was a repeated way to walk. However, we would see a different scenery and a different spectacle if the season and time differed on the same road.

On the way, we passed through the shopping street called Sunamachi Ginza.

The Oden shop had a long line in front. It was a just season when they wanted to eat oden.
The types of Japanese pickles that were lined up in the storefront were also different from early fall.

We did not hang around on the outward. We kept walking to the goal anyway. We arrived there with a little sweat. We seemed to pass bad ones from our bodies considerably.

We entered the pet shop in the facility. It was her routine. She was an unmatched cat lover. After that, we bought the family winter clothes and took a break at the coffee shop.

It seemed that the sun was already getting dark outside. The sweets sold at the coffee shop caught our eyes ,but we resisted them and left there. We must pass out from our bodies completely.

I knew that we would have dinner together alone on this day. Then, we were thinking about preparing dinner without our efforts. Sunamachi Ginza was waiting for us.

The Nukazuke(=a kind of Japanese pickles) being on my mind On the way there ,we bought a radish and a turnip each one by 315 yen. We bought 4 kinds of sashimi by 1080 yen in a fish store that has already started closing. The smell of Yakitori made us hungry, so we bought two chicken lever skewers, two skin skewers, and two chicken cartilage skewers. I had faint memory how much.

In the dark, we crossed the river looking at the Dinosaur Bridge and the Ferris wheel.

Nothing special. It was a quiet Sunday.

→Isseigikousha’s homepage
→Isseigikousha’s Instagram

角打ち。

たまたまテレビで‘角打ち’を行っている酒屋の特集を目にした。
そして、昨日の日曜日に嫁さんと二人で行ってみた。

その番組で取り上げていた店がたまたま恵比寿にあったことから、私たちも恵比寿に行ってみることにした。
結婚して25年以上が経つが夫婦で恵比寿に行ったことがなく、それも一つの理由となった。

調べてみると、角打ちを行っている店にはタイプが二つあることが分かった。
一つは、酒屋の中に立ち飲みスペースが併設されているタイプ。
いわゆるイートインタイプとなる。
もう一つは、立ち呑み形式を意識した居酒屋タイプ。

彼女からの要望は、ワインが飲める・駅から遠くないお店。
‘まさに角打ち’は彼女にとっては敷居が高かったのだろう。
加えて昨日は寒風吹く都内。
寒がりの彼女にとって、その寒空を長い時間移動することは耐えられなかったのに違いない。

そして入ったお店。
「恵比寿 君嶋屋」

駅に隣接するアトレ内にお店があるため、まさに駅近。
日本酒に加え、ワインも飲むことが出来る。
到着したのは丁度昼過ぎだっただろうか。
日曜でもあり、昼間でもあり、会社勤めの方々の姿もなく、お客さんは私達以外に一人だけであった。

これはありがたかった。
何も知識なく訪れていたため、店の中も観察したいし、店員さんに色々と聞きたい。
混雑している店内ではそうもいかないだろう。

二人でワインを一杯ずつ、つまみを一皿ずつ。
値段やメニューを見て、そのあたりが適当だと感じた。
一杯をゆっくり飲み、一皿をじっくり食べ、ゆったり過ごし、それでよかったのだと思う。

初めての角打ち。
次はもう少しヘビーに挑戦してみるか。

I happened to see a special feature of `kakuuchi’ (the liquor store where the customer paid money and drank) on TV. And I went there with my wife yesterday on Sunday.

We also decided to go to Ebisu because the shop which had been featured in the program was by chance there. More than 25 years have passed since we got married, and we have never been to Ebisu, and that was one reason.

Checking `kakuuchi’ ,I found that there were two types in the shop which did it. One was the type of standing space in the liquor store. It was originally. Standing drink called ‘kakuuchi’ is to drink standing in a liquor store selling liquor from the first. The other is the type of a Japanese bar which was conscious of the standing drinking form.

The request from my wife was a shop not far from the station to drink wine. I thought that she felt hesitant to enter a liquor shop just like `kakuuchi’. In addition, yesterday was blowing cold wind in Tokyo. I thought that it was not possible to endure to walk for a long time in the cold for her who got cold very easily.

And it was the shop where we entered. 「Ebisu Kimitsuya

Because the shop was in a shopping center called `atre’ adjacent to the station. The location was very good. We could drink wine besides sake. Was it just in the afternoon that we arrived? It was Sunday, it was daytime, and Nobody working for the company was in it, so the guest was only one except us.

The situation was good for us. Because we had visited without knowledge, we wanted to observe in the shop, and wanted to talk to a store clerk. We would not get away with that in a crowded store.

We had a glass of wine and a plate of nibbles for each. We looked at the price and the menu, and we felt that was suitable. We enjoyed every bite and relaxed. I thought it was right.

The first `kakuuchi’.
I’ll try to be a bit more heavy next time.

→Isseigikousha’s homepage
→Isseigikousha’s Instagram