プラスチック真空成形の一誠技工舎/よく頂くご質問
■真空成形トップ■真空成形って?■ブリスターって?■お面を作ろう。■立体印刷成形


三方曲げスライドブリスター 3方曲スライドブリスターに差し込む台紙の最小サイズを教えて下さい。

「ブリスターのことは何となく分かりました。これから台紙のことを印刷現場にも問い合わせをしてみるつもりなんですがその最小サイズも教えてくれませんか?」スライドブリスターはプラスチック成形品だけではパッケージできないですよね。

真空成形品の見積もりを依頼したら同時に台紙も見積もらなくてはなりません。‘どうせならここで台紙のサイズまで聞いちゃえ。’そんな(?)より。


台紙は背後からパッケージするという役割とともに商品名や値段、内容や発売元を告知する大きな役割を持っています。そこには文字、数字そして写真、ロゴ等がうまくデザインされることになると思います。

どれほどのボリュームをどんな配置で1枚の台紙に書き込んで行くかまでは私にも想像できませんので、ここでは3方曲ブリスターのプラスチック成形部分からみた効率のよい台紙の最小サイズと台紙・成形部分の位置関係をお話します。

1.ポイントは?

三方曲げスライドブリスター


台紙を裏面上部からスライドして入れた状態と仮定します。
成形部分を正面に見て左右と下方向に、成形の立ち上がり際から台紙の端まで10ミリ以上離すということがポイントです。

それは基本的に正面向って左右と下の辺の3方部分になされる折り曲げしろが、10ミリ程度の巾があるということに関係しています。
2.左右下に10ミリ程あけないとどうなるのか?
三方曲げスライドブリスター


梱包費と運送費にはね返ってきます。どんなものでも重なり易ければ易いほど1つの箱の中に数多く梱包することができます。それは成形品でも同じことです。成形品は下の凹凸の中に次のものの凹凸がうまくかぶさってくれれば重なりが良いということになります。

スライドブリスターの場合は折り曲げしろが裏面に折り曲げられます。その巾10ミリ程。もし台紙の端から成形の凸部分までの長さが10ミリないとどうなるか?

曲げられた曲げしろが成形の凸部にかぶさってしまうのです。つまり次の成形品の凸部がはまり込むべき部分に曲げしろがかぶさってしまって成形品が重ならなくてしまうのです。箱は当然増えます。運賃も当然増えます。

3.左右下に10ミリ程あけずに重なりをよくすることはできないのか?

三方曲げスライドブリスター三方曲げスライドブリスター


できます。ただそうするためには曲げしろ部分を成形の凸部分と重ならないように形状を調整しなくてはいけません。調整をするには抜き形状を曲線にすることもありましょう。直線でよかった抜きの刃を曲線にすれば‥。抜き型の費用が上がります。
4.具体的な最小サイズ

三方曲げスライドブリスター


天地おおよそ
成形部分の天地サイズ+下10ミリ+上30ミリ
(※上30ミリはひっかけ穴を考慮して)

左右おおよそ
成形部分の左右サイズ+左10ミリ+右10ミリということになるでしょうか。
5.もう一度お考え下さい。


商品が入ってしまうとその部分の台紙は見えなくなります。成形部分を除いて天30ミリ地10ミリ左右各10ミリ、この面積は思った以上に狭く感じます。天に関してはその部分にひっかけ穴があく場合が多いですから尚更狭くなるでしょう。

私が皆様に台紙の最小サイズを聞かれればおそらくこのサイズを申し上げるはずです。でもそこで一度お考え下さい。この面積(裏面も印刷すればその面積も含めて)で消費者の方々にご自分の思いを伝えられるのかを。もし足りないなと思われたらその分を上乗せして印刷現場に台紙のサイズを伝えてお見積もりを取ってみて下さい。



TOP OF THIS PAGE ↑



トップページへ

真空成形(成型)