プラスチック真空成形一誠技工舎へメールで連絡
お問い合わせは 048-997-2295
■真空成形トップ■真空成形って?■ブリスターって?■お面を作ろう。■立体印刷成形

彩色塗装の費用が合わなくなって・・・


「彩色塗装の費用が合わなくなり、後継者もいません。」

昔は数でカバーしていましたが、その数も年々減るばかりです。人手のかかる彩色塗装の費用は合わなくなり、後継者もいません。どうにかして製品を残す方法はありませんか?

結論から申し上げます。‘仕様もイメージもリスタート’ならば、製品を残していくことは可能です

人手のかかる部分を、できる限り機械にまかせます。従来の生産方法が「先成形+後塗装」ならば、「先印刷+後成形」に変更します。

塗装には塗装の良さがあります。印刷にも印刷の良さがあります。そして塗装にも印刷にも、目をつぶらなければいけないところもあります。


しかし、費用と後継者の問題を解決するならば、思い切って「印刷で生産が可能な仕様、イメージへの転換」をしてみたらいかがでしょうか。

・ラインはきれいになる代わりに、少し素っ気無く見えます。

・色栄え・イメージも変わります。

・絵柄と形状の合い方も変わります。

・起伏、高さを抑えなくてはいけなくなります。

・かなりの確率で費用が抑えられます。

・数が多い場合、生産日数の短縮になります。


その上で、是非ご相談ください。    


塗装でお悩みのことが解決できるかもしれません。
 

トップページ

真空成形/成型