プラスチック真空成形一誠技工舎へメールで連絡
お問い合わせは 048-997-2295
■真空成形全般■ブリスターって?■お面を作ろう。■弊社へのご案内

一誠技工舎の 立体印刷成形

1. シルク印刷を使う。

立体印刷成形/シルク印刷
色分けによる表現
◆◆条件◆◆
・印刷方法は、シルク印刷。
・基本は色分けによる表現、4色かけ合わせはしない。

◆◆メリット◆◆
・原稿の修正が比較的容易で、印刷材料の予備枚数も少なくて済む。
・ロットの少ないものには、効果を発揮する。

◆◆デメリット◆◆
・多色の場合、費用がかさむ。
・写真原稿を用いる印刷に比べ、表現力が劣る。

◆◆理由◆◆
‘印刷成形品は決して安いものではありません。
特にデーター修正に費用がかさみ、印刷予備枚数を多く必要とする
オフセットによる印刷成形は、高くなりすぎました。
小ロットでも印刷成形品を、少しでも身近に感じて頂きたいと思うのです。
      
まずは、印刷成形の昨今の流れと共に、‘なぜ当社がシルク印刷による印刷成形をおすすめするのか’をお話致します。

少し前までは、紙と同じように校正刷りを行え、成形に適した「合成紙」という素材がありました。
この用紙は優秀で、オフセット印刷による表現力豊かな成形品の生産に寄与してくれました。

しかし、現在は生産中止となっています。
代替え素材としてPET等の純粋なプラスチックによる生産が主流となりましたが、これらの素材の校正刷りは、本機校正となりました。

この校正を本機で行う場合、材料代と印刷代には大変費用がかかります。
簡単に言えば、最低ロットで本生産をその回数行っているのと同じことになります。
私自身見積りをするたびに、以前に比べ費用が大変かかるようになったなぁと思うようになりました。

そして、印刷成形をもう少し 身近なものに戻せないものかと考えるようになりました。

色分けによる原稿ならば、社内で修正ができる。
しかも、シルク印刷ならば校正刷りにようする材料は少なく、刷り自体の費用も安く済む。

4色オフセット印刷が主流だけれど、傍流もあっても良いだろう。

古典的な方法(=塗装による色分け)でおめんを製作している当社ならではの方向性があっても良いのではないか。

製品を絞って、より身近な印刷成形工場となろう。

絞らないと、変われない気がしました。

少ないロット、少ない色数、用途によっては使いやすい生産現場になりたいと思っています。

1-2. 追記:インクジェット出力を使う。

立体印刷成形/インクジェット出力
4色かけ合わせによる豊かな表現
◆◆条件◆◆
・着色方法は、インクジェット出力。
・4色かけ合わせ。

◆◆メリット◆◆
・表現力豊かで、印刷材料の予備枚数も少なくて済む。
・ロットの少ないものには、抜群の費用効果を発揮する。
・版を必要としないため、時間の短縮が図れる。

◆◆デメリット◆◆
・ロットの多さがメリットになりづらい。(個数で100枚を超えてくると辛いか)
・UVインクを使用するため、光沢感に劣る。

◆◆理由◆◆
‘印刷成形品は決して安いものではありません。
特にデーター修正に費用がかさみ、印刷予備枚数を多く必要とする
オフセットによる印刷成形は、高くなりすぎました。
版は要らず、予備枚数も少ないインクジェットによる出力は魅力である。
      
前述のとおり、初期費用を抑えるために‘シルク印刷を使って印刷成形品を作りましょう’とお話しました。

プラスチックには、紙に使うような染みて乾くというインキは使用出来ません。
代わりに、乗せて硬化させる‘UVインキ’というものが使われて来ました。

ただこのインキは固めて乗せているだけですから、伸ばされると割れてしまうという欠点がありました。
加熱し伸ばして形を作る、真空成形には適したインキではありませんでした。

それがその後、伸ばしても割れない‘ストレッチインキ’というモノがオフセット印刷の世界に出現してきます。
そして、これがインクジェット出力の世界にも使われ出したのです

版を必要とせず、予備枚数も少ない。
尚且つ、成形で伸ばしても割れない(当然色は薄くなります。)
これを使わない手はないと考えました。

インクジェットの世界はu単価いくら、一枚いくらの世界です。
オフセットやシルク印刷のように、大量生産生産を前提に行われている生産方法ではありません。
つまり、数を増やしても生産費用が下がる生産方法ではないということです。

小ロットに限って使用する。

「A1サイズの立体ポスターを40枚」この方法で生産させていただきました。

少ないロットですと、型等の初期費用が重しになることが多いと思います。
生産費用の少しでも抑えることができればと思って、おすすめしています。

2. データー修正を行わず、削って盛って合わせる。

立体印刷成形/データー修正
データー修正前
◆◆条件◆◆
・もち上げる高さを、低く抑える。

◆◆メリット◆◆
・初期投資額を抑えられる→印刷成形を行うチャンスが増える。
特にロットの少ないものには効果を発揮する。

◆◆デメリット◆◆
・形が変わる→決まった形のないモノ(風景など)なら問題ないが
 形の変えられないモノ(有名キャラクター・厳密は商品など)には
 使いづらい。

◆◆理由◆◆

‘印刷成形品は決して安いものではありません。
初期投資額を抑えて、より身近に印刷成形品を使って頂きたいと思うから。
前述の通り、印刷成形品の制作費用はお世辞にも安いものとは言えません。
初期費用に関しては、成形に必要不可欠な成形型や抜型に加え、印刷版に校正刷り、そして必要に応じて型や原稿データー・版の修正などの追加の初期費用がかかるからです。

その初期費用のうち、(印刷を型に合わせる)というところの費用を考えてみます。

印刷成形とは、印刷と形を合わせる加工です。
つまりタテ×ヨコで表わされる印刷物をタテ×ヨコ×高さで表わされる型の表面に貼りつける加工と考えて頂ければと思います。 こう考えると印刷と形をどちらかの修正なしに合わせることが、どだい難しいことが分かって頂けると思います。
つまり、印刷物に型の高さ部分を補う面積が足りないのです


それではまず、その修正方法のことを考えてみます。
修正の方法の現在の主流は、「印刷データーの修正」です。
その理由として、以下のことが考えられます。

1. 印刷データーもデジタル化。
2. PC能力の驚異的な向上、そしてソフトの低価格化により以前に比べ、データーの修正に時間や費用がかからなくなった。。
3. 形を変えずにそのパッケージのみが多様に変わる成形品が大量に出て来た。これはつまり、清涼飲料水のダミー缶の出現。

私が二十数年前に勤務していた印刷会社でも、当時から印刷データーの修正は行われていました。
入稿されたポジフィルムをドラムスキャナーでデジタル化し、そこから修正開始。 修正内容は(致命的なキズを取る)など そんな程度でした。それでも大ごとでした。

確かに印刷データーの修正には、以前に比べ費用や時間がかからなくなりました。
ではその費用は気にするほどのものではないかと言うと、全くそんなことはありません。 内容にもよりますが1回につき数万円以上のデーターの修正費用がかかり、加えてその都度その修正を確認するための校正刷りの費用がかかります。

そして、合成紙の生産終了。それに伴う、費用の増加。


さて、それでは‘印刷と形を合わせる’ために他に方法はないのでしょうか? ‘いいえ、あると思います’。

「型を修正する」方法です。
印刷に合わせて、型の形を盛ったり削ったりする方法です。
以前は、この方法が主流でした。少なくとも当社では。

このやり方の最大のメリットは、やはり費用と時間の部分だと思っています。
合わせる作業と修正する作業が、一誠技工舎内の同じ機械の中で同じ人間が作業を行うわけですから、移動などの時間は少なくなります。
また、費用も一誠技工舎内での処理で出来るわけですから、ご協力の余地が広がります。

校正刷りは一度は必要になってきますが、以前はこんな方法で費用をかけずにやったこともあります。

本生産用の印刷物を使って、テスト成形を作成するのです。
つまり校正刷りは紙で行い、印刷の本生産を行ってしまうのです。
その際に、実数よりほんの少しテスト用の枚数を増しておくのです。これによって校正代は必要なくなります。

これは型で合わせ切るという前提のもとで行われているわけですし、印刷の色も紙とプラスチックでは発色が多少異なるわけですから、全く不安がないと言えばうそになります。
しかし以前はこのような生産をして、費用を抑えていました。
私は今でも条件が合えば、このやり方は普通に通用すると考えています。
常にお金をかければよいと言うものではないと思っています。

さて、ではこのやり方はどんな時に有効なのでしょうか?

一つは、形を変えても問題ない場合。
印刷の面積が少ないのですから、通常は形を小さくしていく方向に直します。
以前こんなことがありました。
ウサギの印刷に合わせて型を細く削って行きました。
その時に、お客様が言われた言葉‘これ、ねずみ?’

某浦安の有名キャラクターの様に形は変えられないというものなら、この方法は不可です。
しかし抽象的なもの、風景や食べ物など絶対的な形が決まっていないものなら使えます。
但し、それでも高さが抑えられている場合です。
いくら形を直して良いと言っても限界がありますから。


次に、どのくらいの高さならば良いのか?

これは一概に言えません。
面積の狭いモノにとっての高さ20_と広いモノにとっての高さ20_では、同じ高さでも意味合いが異なります。
「大よそ高さ30_以下、なだらかに立ちあがっている形状。
そして抽象的な絵柄・形状」なら見込みがあります。

最後に、印刷のある場所。

これは印刷データーの修正を行う場合でも同じことなのですが、合わせる印刷が形状の側面にある場合はきびしいと思います。
側面は一番伸ばされるところで、元々安定感にかけます。
ここを形で直そうとすると、かなりの変更をしなくてはなりません。
原型をとどめない場合が多々あります。それでもかなりバラつき感が出ます。

高さを低く抑えられるモノ、抽象的な絵柄・形状のモノ、特に費用を抑えて生産したい場合には、型を直して印刷と合わせる方法は効果が見込まれると思います。
一誠技工舎の印刷成形は、「削って、盛って合わせる」がメインです。
このような案件をお待ちしています。



追記
ダミー缶が出現して以来、印刷成形の技術は革新的に進歩したなぁと思います。
実際、販売機の横を歩くとまじまじと見てしまいますもの。
うまく出来てるなぁと。
しかしその反面、印刷成形というものが何だか複雑に、お金のかかるものになってしまったなぁと強く思うのです。
この感は、前述したとおりです。
しかしそこまで厳密に再現をしなくてはいけないものばかりでしょうか、印刷成形って?
多額の見積書を提出する度に、毎度こう思わざるをえません。

(⇒一般的な印刷成形品のディテイルはこちら。これも型の修正だけで合わせています。)

3. 型を多面付けての生産

立体印刷成形/120面型
120面型
◆◆条件◆◆
・ある程度のバラつきの範囲内で生産ができること。

◆◆メリット◆◆
・生産費用を抑えることができる。
特に1回のロットが多い場合や、繰り返しの生産が見込まれる場合には効果を発揮する。

◆◆デメリット◆◆
・初期投資額が高めになる。

◆◆理由◆◆
‘印刷成形品は決して安いものではありません。
だからこそ繰り返し生産を行う商品に関してはその費用の抑えて、より身近に印刷成形品を使って頂きたいと思うから。

次に、初期費用と生産費用のバランスを考えてみます。

1回限り、または今後の見込みが読めないものに関しては迷わず成形型の面付け数を減らして、できる限り初期費用を抑えましょうとお話いたします。
面付けが少ない方が、成形と印刷のバラつきも少なくなり、製品としては良いものが仕上がる可能性も高くなりますから。

逆に1ロットの生産数が多い場合、または中ロットでもこれから長く続けて生産予定のある品物に関しては、型の面付けを増やしてましょうとお話するつもりです。
初期費用は少し多めにかかるかもしれませんが、型の面付けを2倍にしても費用が2倍かかる訳ではありませんから。

さて、それでは‘型を多面付ける’ということは良いことばかりなのでしょうか?答えは残念ながらノーかもしれません。
先ほど少し触れましたが、やはり成形と印刷との合わせにバラつきが増えます。
つまり数型で成形したモノに比べ、仕上がりは劣ると考えた方がよいでしょう。
特に文字・数字・ロゴのあるモノは正直お勧めできません。


「但し」です。これは、あくまでも「ある程度の範囲内」でのバラつきのことを申し上げています。
誰が見ても‘こりゃ、’と思うようなモノは、お客様もそして機械を回している私たちも、気持ちの悪いものです。
だからこそ、ある範囲内にバラつきを抑える工夫を施すのです。


生産数の多いモノ、繰り返しの生産が見込まれるモノ、なおかつある程度のバラつきの範囲内での生産が行えるものは、型を増やしての印刷成形は効果が見込まれると思います。


(⇒一般的な印刷成形品のディテイルはこちら)
  
トップページへ
真空成形(成型)