■真空成形トップ■真空成形って?■ブリスターって?■お面を作ろう。■立体印刷成形

2010年01月の'あのさぁー’
2010年01月01日
■捲土重来。新年明けましておめでとうございます。「捲土重来」この言葉は昨日のこの欄でも書きました。昨年のふがいなさを戒めるつもりで、元旦の今日も書きました。土ぼこりを上げるような強い気持ちで、今年は巻き返したいと思っています。そのために、今まで以上にお客様の立場で物事を考え、よりサービスに尽くすつもりです、暦もちょうど区切りの良いものになりました。一から始めるつもりで頑張ります。今年も一年、何卒宜しくお願い申し上げます。 鹿毛 隆。

2010年01月02日
■あ、あ、情けない。正月特番にて。歴史上の人物の名前「宮本武蔵」の読み方。中学三年の長女の答えーみやもと たけぞう。皆さん、どう思います?。。

2010年01月04日
■初笑い。長女の‘宮本武蔵=みやもとたけぞう’に続いて、長男の勘違い。有名な歌舞伎役者が、並んで歩いてくるCMが今流れていますよね。正月らしいし、こんな有名処をよくもこんなたくさん集めたなぁという関心もあって好きなCMの一つです。そのCMを見た後に長男が発した言葉、‘こんなにいっぱい着物を着てどうしたの、この演歌歌手の人たち?’。中学三年の長女の‘みやもとたけぞう’には情けなく怒りまで感じましたが、小学生の長男の‘演歌歌手’には笑えました。

2010年01月05日
■晴天続き。本当によい正月を過ごしました。何が良かったって?中学三年生の長女と三日連続で出かけました。長男のサッカーにかまけて、長女には寂しい思いをさせて来ました。少し散財しましたが、ありがたいことです。正月続いてくれた晴天が、この一年続きますよう。強い気持ちを持って。

2010年01月06日
■仕事始め。今日が捲土重来の一日目。この言葉、絶対に忘れないようにこの欄では多用しようと思っています。今年一年、株式会社一誠技工舎をそして、私 鹿毛 隆をよろしくお願い致します。

2010年01月07日
■今の子は大きい。指導している少年サッカークラブに、背の高い6年生が二人いる。一人は背丈が170cmをすでに超え、足のサイズも27cmに達している。もう一人は背丈 170cm、足のサイズは26.5cmに達しようと言う状態。後者の子供が私の息子。ここ半年で背丈が10cmも伸びました。足のサイズはすでに親を超え、親が子のお古を履いている始末。当然のように声変わりをしていて、手をつないで歩くなんて考えられない。一昨年の大晦日にはこの息子を連れてアメ横に買い出しに行き、迷子にならぬよう手をつないで歩いたのが本当に懐かしい。もう少し、子供でいて欲しかった・・。贅沢な愚痴であろうか。

2010年01月09日
■トラウマ。今年初めての公式戦。勝てば区営の天然芝競技場に戻ってこれる一番。2大会連続のPK戦となりました。秋の大会ではサドンデスの後、敗退。今回もその時のことが頭をよぎりました。子供もそのことを感じたのかもしれません。同じ子供がはずしました。コーナーキックも任せている、このチームの一番のキッカーです。結果は他の子供たちは頑張ってPK戦を勝利しましたが、精神的なものの深さを痛感させられるワンシーンでした。明日は天然芝だよ。よく頑張りました。

2010年01月11日
■成人の日。この話題は毎年書きますね。今日外出時に、紋付き袴を着た若者を見ました。こんな光景を目にしなければ、今日が成人の日とはピンと来ません。私が成人を迎えた頃は、成人の日=1月15日と固定されていました。この日はラグビーの日本選手権があって、社会人王者と学生王者が日本一を競ったものでした。15日が成人の日だったのは、この日が小正月で昔は元服式が行われたことにちなんでというのは皆様知っての通り。祝日には意味があり、経済効果を優先させたハッピーマンデー法は悪法だと毎度感じます。

2010年01月14日
■ダイエット。半年前に比べ、6キロも太ってしまった。僕はこれを‘不景気太り’と呼んでいる。以前は会社帰りにジムに通い、せっせと体調管理に励んでいたが最近はどうも行く気がしない。‘遊びは忙しい時ほど楽しい’と同じ心境である。加えて、ストレスが溜まると食べてしまう傾向にある。そして正月でダメ押し。ズボンがきつくなり、フルフェイスのメットからは頬が出てしまう始末。こりゃ、いかんと昨日久しぶりにジムに行き、計量をして判明したわけだ。さあ、6キロどうして減らすか。答えは簡単である。なにせ理由が分かっているのだから。忙しくすればいいことなのだ。来年の今頃の体重で、今年一年のあり方が分かるということである。

2010年01月15日
■受験。今住んでいる街は、限りなく千葉県に近い。そのため中・高受験は、都内よりも一足早く開始される千葉から始まる。休み明け18日からが本番である。実はうちにも受験生が一人いる。今、最後の追い込みをかけている。この一年は、楽しいことも我慢してきた。努力が報われるよう心から願うばかりである。

2010年01月16日
■バイクは寒い。昨日お客様と話をしていて‘バイクはこの時期寒くて大変でしょ’と労られた。‘いえ、いえ。寒いですけど好きですから’と反射的に答えた。この言葉に嘘はない。まず「寒い」。これに絶対嘘はない。バイクは風を感じる乗り物だとよく言われるが、もしそれを感じたい方がいらっしゃるならこの時期の乗ることを勧める。痛いほど感じるはずである。しかしそれでも乗るのである。訳はよく分からない。しかし、‘いえ、いえ。寒いですけど好きですから毎日乗ります’と答えるとこれは嘘になる。その証拠が、毎年上がるバッテリーだ。バイクは寒い。けれど止め切れない何かがそこにあるのだ。

2010年01月19日
■あ、あ、赤城山、榛名山。昨日は仕事で埼玉北部、群馬南部地域を回ってきました。埼玉の熊谷から利根川を渡る時、車のフロントガラス越しに雪化粧をした山々が目に入りました。訪問先の方にお話を聞いたところ、赤城・榛名の山々だということが分かりました。父親に連れてきてもらったなぁと幼い頃の思い出が、蘇りました。その父も今はいません。ちょっと感傷的になった山々の冬化粧でした。

2010年01月23日
■孤高のメス。二日で読破してしまいました。面白かったです。


2010年01月26日
■孤高のメス。続きの「神の手にあらず」を読み始めています。全シリーズで文庫本計10冊。前回シリーズの「外科医当麻鉄彦」は六冊を二日で読破してしまいました。今回のシリーズは四冊ですからこれもまぁ、週末二日ですね。一日当たり1500円で休暇を満喫できるのですから、本って本当に安い娯楽ですよね。


2010年01月27日
■ピーチコートの後継用紙。印刷成形の分野で長らく活躍してくれた‘ピーチコート’。残念ながら昨年一杯で生産が中止となりました。

この材料、PS(ポリスチレン)をベースにしながら表裏に特殊なコーティングがなされており、プラスチックながら非UVインキが使用できました。一般的なプラスチックは、ほとんどがUVインキによって刷られます。

UV印刷は、紫外線の照射によってインキを強制的に乾かしてしまう印刷方法です。イメージで言うと材料の上でインキを固めてくっつけてしまう という感じです。
プラスチックを印刷をすると言うだけならば、とても有効な印刷方法なのです。

しかし、この乾燥方法が印刷成形には不適なのです。何故かと言うと、固めてくっつけたインキは加熱して伸ばそうとすると、割れてしまうからなのです。材料であるプラスチックは成形によって伸ばされるのに、インキが着いて来ないという感じです。

しかし最近ではこのUVインキも改良され、一部で印刷成形に適したものが出てくるようになりました。ただそれはあくまでも一部で、印刷できる現場が限られており悩みの種でした。

そして、やっと確保しました。オフセット印刷+印刷成形に適したプラスチック材です。材質的にはPETの白色で厚みは0.3ミリに限られますが、今まで使用してきた‘ピーチコート’もよく使っていたのは0.37ミリ厚でしたし、PETはPSに比べ強度があることを考えると、今までの使用方法なら問題はないでしょう。

裏刷りの場合には透明の材料を使わなくてはいけませんから、これは前記の印刷に適したUV印刷で行えば良いし、今までのバキュームポスターのような使い方ならこのPETの白材を使えば良いということになります。

選択肢が広がり、とても喜んでいます。印刷成形のお話がありましたら、是非お問い合わせを下さいね。


2010年01月31日
■明日は本番。2月1日と言えば、都内私立・国公立中学の受験が本格的に口火を切られる日です。指導している少年サッカーチームでも、半数近くの子供が試験に臨むようです。6年生となり早々に受験一本に絞った子供、うまく都合を合わせながらぎりぎりまで両立した子供、彼らは自分の性格・置かれた環境に合わせながら数年間頑張ってきました。子供たちの努力が報われるよう、心から願っています。




TOP OF THIS PAGE ↑


真空成形(成型)